コップ一杯の油

高徳であることは、一種の神聖さである

神聖であるには、自らが清くあること

それは うぶ になることではなく 責任を持つことだ


個人の考え、理性、本能と神聖さ、高徳さ は

水と油のような関係である


もとは、私も水であった

いつしか、油となった

油は水と交えはしない 油であるという認識を持ちたい 重要だ


生まれながら罪を持つ という事は一旦脇に置く


生まれた瞬間は清らかな水 純白であった

それは 何も知らない からとも言える


育つ過程で

私は、様々な影響を善し悪し関係なく取り込む

それは

設置してから全く掃除などしていないエアコンのフィルターの様


ボタンを押せば、暖気、寒気を選別し、機能はするが

(私というフィルターが善悪を選別するが)


そもそもフィルターが経年の汚れを纏い

送りだす風にはホコリが混じる


そのホコリ風を受ける友人、家族、もしくはいつか生まれる純白は

健やかな体として育つのだろうか

今、外に送りだす私の考えは、周りに、フレッシュな風として吹くだろうか


私が流す水で、飲む人々が腹を下してはいけない

友人に、家族に、赤子に、皆に、コップ一杯の油を飲ませてはいけない


掃除の時が来た

掃除の時が来たのだ

著者の高津 諒さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。