■ラブレター代筆はじめました


「仕事」は楽しいものではない。

苦しくて大変で、時にちょっとだけ楽しいのが「仕事」というもの。

ちょうど1年ほど前、10年以上特に疑いを持たずにいたこの考え方に、ふと疑問を抱くようになった。

つらいことを歯を食いしばってやり続けることは尊く、楽しいこと・楽なことだけやるのは怠慢。

物心ついた時からそのような価値観で育ってきた35歳の男が、「あれ?誰がそう言ってたんだっけ?」とふと立ち止まることになる。


小学生の頃は、放課後に何をして遊ぶかということだけを考えて日々を過ごし、中学生になると女の子のことと高校受験のことを考えて日々を過ごす。高校生になると女の子のことと部活動のことを考える日々に変わり、大学生になるともはや何も考えない日々を過ごしていた。就職してからは仕事のことを考えて過ごし、20代の後半も仕事のこと。30歳の前半になると仕事のことと結婚のことを考えるようになった。


そして、30代中盤。

今まで見えなかったものが急に見えるようになった。


何だか蜃気楼のようにぼんやりとしているけれど、先の方に少し見えるの、あれ、「終着点」なんじゃない?


35歳になった途端、人生の終わりが視界に入るようになった。


70歳で亡くなると想定すると、ちょうど折り返し地点に来たことになる。でも、50歳中盤くらいになったら体力も衰えてくるだろうから、気力・体力が充実した状態で働けるのはあと20年か・・・。

20年!?

初日の出を20回見て、さくらを20回愛でて、海に20回飛び込んで、紅葉を20回眺め、紅白歌合戦を20回観たら終わりってこと・・・!?


歯をくいしばって我慢をしている場合なのだろうか?

"楽しい"ことをもっと追求しなくてはいけないのでは?

自分が好きなこと、やりたいことをやっちゃいけないんだっけ?

常識に従って生きると何がいいんだっけ?

悔いの残る人生を生きたとして、誰か謝ってくれるの?


ふと立ち止まった。

そして、始めた。


「話す」こと「書く」ことが好きなので、とにかくそれだけを仕事とすることにした。

本業は本業として続けつつ、パラレルキャリアという形で「デンシンワークス」という屋号で個人事業主として活動を開始。


経営資源である「ヒト・モノ・カネ」は何もない。見切り発車のお手本のような行動。

ちなみに、見切り発車を辞書で調べると<電車やバスが満員になったり発車時刻が来たりしたために、乗客の全部が乗りきらないうちに発車すること>とある。


見切り発車という言葉すらあてはまらないかもしれない。なぜなら、満員になどなっていないどころか一人もヒトは乗っていないし、発車時刻も来ていない。誰も発車をしてくれとも言っていない。


何はともあれ、僕は始めた。


事業内容としては、企業で人事をしていることもあり、学生さんの就職相談や、転職を検討されている方にアドバイスをする「就職・転職対策」と、プレゼンテーションの際の伝え方や振る舞いについて指導をする「プレゼンテーション指導」の2つを軸にすることにした。