ラブレターを代筆する日々を過ごす「僕」と、依頼をするどこかの「誰か」の話。

4 / 8 ページ

そして、今までに感じたことのない感覚が身を包んだ。


「会社でもなければ、他の誰でもない。これは、100%小林慎太郎個人でやり遂げた仕事だ」


人が考えた文面を文字にしただけれど、誇らしかった。



■「離婚をなかったことにしてほしい」


はじめての仕事から2週間ほどが経過をした頃、今度は「就職・転職対策」のお仕事が舞い込んできた。

さては、口コミで広がりつつあるな、と安易な空想に鼻息を荒くした。


「就職・転職対策」の依頼は初めてのことで、特に場所など想定をしていなかったのだが、とりあえず渋谷にある喫茶店で就職活動を控えた学生さんと話をした。

就職活動の進め方、面接対策、緊張をしないための心構えなど、色々と話をした。


そしてお会計。2人で1,400円。


さすがに、学生さんにお金を出させるわけにはいかないと思い、僕が会計をする。

「就職・転職対策」は1,500円なので、収支としては100円。電車賃を入れたらマイナス。


帰りの電車に揺られながら、お金のためにやっているのではない、お金のためにやっているのではない、と念じるように自分に言い聞かせていると、メールが届いた。自社サイトからの依頼。

急いでメールを開くと、ラブレター代筆の依頼だった。



渋谷のモヤイ像の前で、僕はそわそわと周りを見回していた。

初受注の依頼者に関しては遠方であったためメールでのやり取りで完結をしたが、ラブレターを書くにあたっては、直接お会いして詳しい話を聞きたいと思っていた。そして、今回の依頼者は東京在住であったため、直接お話を聞くことになったのだ。


土曜日の昼間。渋谷。モヤイ像。彼氏・彼女を待つ若者たちに紛れ、僕は48歳のおじ様の到着を待っていた。自分の目の前を人が通過するたびに、この人か??とドキリとする。相手は男性のはずなのに、見知らぬ女性がこちらに向かってくると、もしやこの人か??とやはりドキリとする。


ドキリとし過ぎて疲労感を覚えた頃、「小林さんですか?」と横から声をかけられた。

声の方に顔を向けると、まさしく48歳くらいの恰幅のよい男性が立っていた。深い緑のセーターにチノパン。遅刻をしまいと走ってきたのか、少し額に汗をかいている。


「このたびはご依頼を頂きありがとうございます」

内心は緊張をしながらも、わりと落ち着いた声で僕は挨拶をすると、近くの喫茶店へと男性をうながした。



「お住まいはどちらですか?」

「渋谷まではどのくらいかかりました?」

「お仕事はどういったことをされてるんですか?」

「どうやって弊社のことをお知りになられたのですか?」

「ラブレター代筆って怪しくなかったですか?」


緊張を隠すように色々と質問を投げかける僕に、男性は丁寧に返答をしてくれた。

みんなの読んで良かった!