留学を通して、人生を切り拓くスリルを味わおう!

1 / 2 ページ


うちむら
留学に行きたくても、
不安やリスクで1歩が踏み出せない人へ。

僕も全く同じでした。

でも、きちんと前を向けば、あなただけの道が 見つかると思うんです。

はじめまして。僕は2014年3月末から12月まで、アメリカにあるワシントン大学に留学していました。

大学受験2浪、卒業後の留学という日本の就職活動で『リスクてんこ盛り(笑)』だった僕が、留学を 通して何を学んできたのか。みなさんに共有して、自分の人生の中で挑戦していく勇気を少しでも与えられたならいいな、と思います。

僕でもできたから、みんなも絶対できるはずだ。



留学にどうしても行きたい!でも、目の前には高いハードルがあった。


大学3年時の就職活動中、今思えば、僕は留学に興味がある学生が持つ典型的な病に苦しんでいた。

『留学に行きたすぎる。でも、就活に与えるマイナスの影響が半端ではない...』


ご存知の通り、日本の就職活動の特徴上、学生はよーいドン!で一斉に就活を始める。つまり、約1年の留学なんてややこしいことをすれば、就活のタイミングが ズレて不利益が生じるのだ。


しかも、僕は1浪して明治大学に入学後、仮面浪人して慶應義塾大学に入学するという、更にややこしいことをしている。最近、学年ビリの金髪ギャルが慶應に現役合格した話が話題だけど、僕は現役・1浪・仮面浪人時代を含め、合計で10回も慶應に落ちている。こんな話を就活の面接ですれば、話題のビリギャルよりもアホだと思われかねない。

さて、どうしたものか。。。


そんな時、日経新聞をめくっていると、留学奨学金の広告が目に飛び込んできた。

アメリカにあるワシントン大学への留学。しかも現地でのインターンシップ付き。

家で1人叫ぶ男
これだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!


小学生の時に、香港に3年間住んでいた影響で、将来は海外で仕事がしたい。

浪人生活や大学のゼミを通して、教育の重要性を痛感し、将来は自分の教育ビジネスを起こしたい。

でも、就職活動中には、夢を実現するために、どこから手を付けて良いかわからなかった。


そう悩む僕にとって、起業最先端の地アメリカに留学すること、現地の起業家と仕事をすることは、これ以上ないプログラムだった。一瞬で留学することを決めた。


もちろん、先ほど述べたように、自分の経歴につきまとう不安はすごかった。留学のタイミング的にも、大学を卒業して行くことになる。

親の心配は僕の100倍以上。


でも、仮面浪人を決意した時のように、たとえ人と違う道を歩んだとしても、自分の目の前にある最大の課題を解き続けること。それが自分らしい道を行く唯一の方法だと思って、覚悟を決めた。


2014年3月24日、卒業式。深夜の便で、渡米した。



自分に合う企業を見つけていく。


ワシントン大学があるシアトルは起業が盛んなこともあり、スタートアップが無数にある。その中から適切に選ぶには、選択する軸を考えなくていけない。


留学のゴールは、自分の夢を叶えるために何が必要か見極めること。

そのためには、自分の夢に限りなく近い人、数年後の将来像に限りなく近い人と仕事するのが最善の方法で、それこそが軸になり得ると考えた。

みんなの読んで良かった!