友達の分まで生きろ! そう言われてる気がする

2 / 2 ページ

母は、やはり精神構造が違うようで、とても納得すると共に、

 

「兄ちゃんは私と似てるからな!!!」

 

と母から言われる私も、『人の痛みが分からない』と

揶揄されますが、それも母からの遺伝だったと納得・・・

 

なんだか分からない内容になってしまいましたが、

移動中、バスや電車の中で耳にした、

関西人の会話で締めさせて頂きます。

 

 

<電車にて、隣の父子の会話>

 

父親: ワシ、医者嫌いやわ!

 

息子: なんでやねん?

 

父親: やれコレステロールが高いだの、やれタバコは止めろだの、嫌なことばっかり言いよる!!

 

息子: しゃーないやろ、それが仕事やから。

 

父親: せやから、こないだ言うたってん。ワシが聞きたくないことばっかり言うて、高い金取りよって。もうちょっと、客を大事に出来んか?!

 

息子: でも、そんなん言われるって分かってて、医者んとこ行ってるんやろ!!!

 

父親: ・・・・・・

 

 

<バスの後ろの席に座っていた、おばあさん達の会話>

 

「喧嘩してたときは腹が立ったけど、あの人が引っ越したら寂しいわ。

 喧嘩相手がいるうちが華やな!」

 

ただ一方で、

 

「主人が去年亡くなったから、やっと自由に動けて最高の年末年始やわ☆」

 

とも。どう解釈すれば・・・

 

 

それでは今日も、素晴らしい一日を♪

著者の佐倉 英行さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。