~世界一周と人生の旅~ 先人たちの教えや宇宙法則を、仕事の中で活かすには☆

1 / 4 ページ

佐倉 英行さんの写真
「手放すと新しいものが入ってくる」

「頼まれごとをやっていれば仕事になる」

「条件付けの先延ばし人生では何も出来ない」

「天が喜ぶ形でお金を使えば、お金が更にやってくる」

「自社利益を優先している会社は・・・」等など。

 

勤め人時代も含め、今まで沢山の方々、書籍などを通して、

有難い学びをいただきましたが、そうはいっても、

 

『先人たちの教えや宇宙法則』を、

仕事の中で活かすことは非常に難しい、

というが私の率直な感想です。

 

今まで何度か、これらに関する講演をさせて頂いたのですが、

数年前にある方が速記で講演録を作ってくださったので、

本日は、その一部をシェアさせていただきます。

 

*****

 

私は、大学卒業後、15年半、米国企業で

外国為替、企業審査、資金調達、税務、

法務、マーケティング、企業買収などを手掛け、

昨年8月に退社いたしました。

 

今はマネイジメント・ビジネスに従事しつつ、

ご縁のある方々の講演会や

セミナー主催等に携わっているのですが、

本日は自分の体験談をお話させて頂きます。

 

まずは中村天風さんの会との出逢いから。

きっかけは、友人から薦められて購入した

天風さんの『運命を拓く』を5年ぶりに

読み返したことでした。

 

当時の私は、重要と思う箇所に傍線を引いて

読んでいたのですが、5年ぶりに読み返すと、

傍線のないところに心が惹かれました。

 

この本は読む時々の自分の状態で響く内容が異なる・・・

だから、天風さんの教えには、

まだ自分が気付いていない深さがあると感じ参加したのです。

 

その会では、天風さんから直接指導を受けた方々などが、

体操法、呼吸法、瞑想法、天風教義を教えて下さいました。

 

体操は、当時30半ばだった私でも苦しくなる程なのに、

7080歳の方々が白いランニングに短パン、白い鉢巻で

ニコニコと実践されていました。

 

継続すれば、人間はここまで進化するのかと驚いていると、

90歳の笑顔の素敵な方が、

 

「ここに通う人には、病気、家族関係、仕事に

 思い悩んでやって来る人が少なくない。

 だから、必死で実践なさる人も沢山いるけれど、

 そんな人に限って続かない」

 

「私は思うんだ、来るきっかけとなった問題が解決しても、

 その学びを日々の生活に活かし、実践し続けることが大切。

 佐倉さん、最初から頑張り過ぎないようにね」

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。