万国共通☆ ビジネスで成功するヒント! 

1 / 2 ページ

後編: 『真の豊かさとは何か?』

年収1千万円を超えるタクシー運転手さん達の特集番組で、

幾つか面白いお話を聞きました。

 

・個人タクシ―は経営者向きの人でないと大変だということ

・バブル期以降も、コンスタントに稼ぐコツがあること

 

前者は当然ですが、心からなるほどと思えました。

 

「個人タクシーは、勤務体系が自分次第なので、サボったり、

 パチンコに行ったりして、自滅する人が少なくない・・・」

 

「個人タクシーは、マネイジメント能力と営業力が大切。

 それがないなら、タクシー会社に帰属した方が良い。

 まるで、独立起業家とサラリーマンの対比のよう」

 

ちなみに私は、会社を辞めた後、一つだけ誓いを立てました。

『5時までは絶対に飲まない! 仕事以外では』

 

続いて後者は、本当に勉強になりました。

 

「世の中の流れを徹底的に勉強する。

 新聞を何誌も毎日読み、インターネット、雑誌にも目を通す」

 

「そうすると、人の流れが読める。例えば、コンサートがある日は、

 終演時間にその辺りを流すと、お客さんが掴まえられる。

 また、様々な情報、気配りが常連さん獲得へ寄与する」

 

“確かに!”、そう思いました。

なぜなら、そんなタクシー運転手さんに会ったことがあるからです!

 

今から15年ほど前、私がまだ30歳過ぎだった頃。

当時私は、財務・税務責任者として、あるM&Aを担っていました。

その時の相手側は、私よりも20歳以上年上、業界のキレ者。

 

始めは慎重にことを進めていましたが、打ち合わせが長引いたある日、

その方の部下とその方、うちの人事部長と私の4人で飲み、一変しました。

じっくり話すと、めっちゃ面白い方で、なんと出身地・京都が一緒。

 

それからは、なごやかにM&A作業が進み、うちが買収側なのに、

遅くなった日には、よく飲みに連れて行って頂けるようにもなりました。

時には、仕事の取り組み方まで教えてくださったのですが、

その方が、スーパー個人タクシーの常連さんだったのです。

 

都心から離れた場所に住むその方は、日付が変わるといつも、

決まった個人タクシーへと電話されていました。

ある日、その方の家とは逆方向の私の家まで送って下さり、

その時、そのタクシーに初めて乗せて頂いたのですが・・・

 

本当にビックリしました!!!

ソファーはゆったり、しかも、ビール、お水、コーヒー、ユンケル、

雑誌、果ては、様々なCDまで常備されていました☆

 

~ 飲みたくなったらお酒♪ 眠たくなったらベッド♪ ~

まるで、ピンクレディーのUFO状態でした・・・(古いですか?!)

 

とっても感銘を受けたので、その方にいろいろ聴いてみると、

何名も常連のお客様がいて、その方々からお呼びが掛かりそうな

時間までは、都内のオフィス街近くを流して連絡を待つとのこと。

 

考えてみれば、遠くに住む人ほど、心地よいタクシー、

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。