一番身近なご先祖様は誰ですか???

「一番身近なご先祖様は誰だか分かりますか?」

 

以前、ある方より尋ねられました。

 

「(他界した)おじいちゃん、おばあちゃんでしょうか?」

 

そう私が答えると、こう教えて下さいました。

 

「ご両親ですよ。だから、お墓参り同様、

 ご両親を大切にして下さいね♪」

 

振り返ると、中学入学と同時に、般若心経を覚え、

お墓参りが趣味になった私のルーツは、いうまでもなく両親。

佐倉 英行さんの写真佐倉 英行さんの写真

自営業で忙しかった父は、仕事から帰ると、

どんなに遅くても、木魚を鳴らしながら般若心経を唱え、

経理データを処理してから、夕食を食べていました。

 

「生き仏の墓掃除!

 死んでからでは、こんな温かい墓掃除は出来ない」

 

これは、今から約10年前、

伊勢・内宮そばにある修養団において、

『財団法人修養団 伊勢道場長(当時)中山先生』

より伺った言葉です。

 

母の日に、お婆さんの墓参りへと

母娘で行かれた娘さんが、帰宅後、

お母さんの背中を流しながら発した一言だそうです。

 

般若心経を暗誦し、お墓参りが趣味なって、

早いもので30年以上の月日が流れましたが、

お恥ずかしいことに、私は未だ、

両親に感謝の言葉を伝えるのがとっても照れ臭い。

 

「父親が亡くなったときは、とっても寂しかった。

 でも母親は、自分の一部が抉り取られたような気がした」

 

「生きてらっしゃるうちに、親孝行しておきなよ、佐倉くん」

 

お母さんの葬儀から戻られたばかりの直属の上司から、

その昔、しみじみこう云われました。

 

私の尊敬する方は皆さん、次のようにおっしゃいます。

 

『自分自身、そして、自分の親や子供を深く愛せずして、

 真の意味で、人様を愛し、お役に立つことはできません』

 

伊勢において、中山先生はこうもおっしゃいました。

 

「人(子供)に“あなたの(パパ、ママ)の仕事は何ですか?”

 と聞かれた時は、仕事の種類(職業)では無く、

 “人のお役に立つことです”と答えてもらいたいものです」

 

「過去が咲いている今

 未来のつぼみで一杯の今」

 

過去が今をつくり、今が未来をつくり出す!!

ご先祖様、自分、子孫へと

(血族だけではないと私は思います)、

想い、生き様、習慣までもが受け継がれる☆

 

本日最後は、マザー・テレサの言葉で締めさせて頂きます。

 

「大切なことは、遠くにある人や、大きなことではなく、

 目の前にある人に対して、愛を持って接することだ」

 

そして、“世界平和のために何をしたらいいのか”

と尋ねた人には、こう答えられたそうです、

 

「(ここから、あなたのお家に早く)帰って、

 家族を大切にしてあげて下さい!!!」

 

~身近な生き仏には、やっぱり少し気恥かしいですが

 思い出す度に、深い想いになります♪~

 

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。