“一流” と “超一流”の境目☆ ~成功するためには、何が必要か?~

2 / 2 ページ

 分野は違えども、それぞれの道を、無理やり誰かにやらされたり、

 誰かと比べならがらやっていたとしたら、

 恐らくは、その高みにまでは登っていなかった、言い換えると、

 超一流ではなく、一流レベルの仕事人になっていたのでは、

 と思えてなりません」

 

 

これは、私が信頼、尊敬する仲間たちを分析してお伝えしたものですが、

 

有名企業の経営者から、超一流スポーツ選手にいたるまで、

何人もの能力開発を手掛けてきた、ある先生はこう言われています。

 

 「人と比べる。

  それが一流と超一流の違いです。

 

  プロになるくらいだから、みんな一流選手ですよ。

  しかし、人との比較でやっている人は、

  途中で苦しいことがあると諦めます。

  あるいは、人より少し結果が上だと

  “俺はよくやっているよ”と。

 

  しかし、どこまでいっても満足しない、

  どんなに苦しくても諦めない、

  自己の描いたイメージを

  とことん追求する人たちがいるんです。

  それが超一流です」

 

 

運をつかみ成功する人、超一流の域にまで高める方々は

孤高で、ともすれば地味な道を歩み続けられていますが、

忘れてはならないのは、そんな方々には必ず、

メンターや全身全霊で導いてくれる人がいることです☆

 

運命とは、命が運ばれること!!

 

そして、そんな役割を果たしてくるのは、

いつの世も、人のご縁なのかもしれません♪

著者の佐倉 英行さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。