産みの母

私には2人の母が居ました。

出産と引換えに命を落とした母
父と再婚し我が子のように育てくれた母
どちらもものすごく大事な母です。

産みの母の話は5年前に初めて訪れた母方の叔父に聞いた話です。
とある宗教団体を通じて知り合った母と父
病弱だった母は一縷の望みかどうかわかりませんが宗教団体に入ってました。
祖母も同じ宗教団体に入っていたため母と父は知り合ったそうです。
私を授かり医師には命の保証は出来ないと言われていたようですが無理に私を産んでくれました。
3月に生まれた私
8月に逝ってしまった母

なにも知らないで48年生きてきた私
母が違うのは思春期真っ只中に知りました。
戸籍謄本…見ちゃったんです
どうにも誰にも聞けずただただ拗ねて遊び歩き家に帰らなくなりました。
そんなふらふらして私を父は時より激しく怒り殴られたこともあります、そんな時体を張って止めてくれたのも母です。



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。