みなさんの料理スキルと私にとってのyoga

みなさんの料理スキルと 私にとってのyogaは 同じかなと思います。

ここでいう みなさん というのは、日々の料理をチチャッ パパッと作れる方のことです。メニューを頭の中で組み立てて、クックパッドや 本を見なくても 基本的には、経験から 味付けも 感覚で行ってしまう…。 でも ホームパーティーなどのおもてなし料理を作る ここぞという時には、レシピを検索したり、前日から準備をしたり。

私は、料理が苦手で、そぅやって 料理を上手に作れる人を目の前にすると レベルの高さに やや ショックを受けます。

なぜショックかというと それは 私が今まで 料理を作ることを後回ししていたツケが回ってきて、それを痛感するからなんです。

今は 週に一回 料理を教わる機会に恵まれ、おぼつかない包丁手つきで、知らないことだらけで、料理って 奥が深いことを勉強中です。本当にできるよぅになるのかな と不安な気持ちの私を察し、先生が「大丈夫、料理は慣れだから。私も最初 包丁 使えなかったょ。ミカも必ずできるようになるょ。」と声をかけてくれます。

ジーーン…。

確かに! 全く 料理に触れないのと、週に一回でも "キッチンに立つ" 時間を作るのとでは、絶対に違うはず。数回続ける程度では 変わらないだろぅけど、半年続けたら??

きっと その時には、今の私とは大きく違うはず。 でもそのためには、近道・早道はなく、練習をコツコツ ゆっくりのペースでも 続けるしかなぃんです。

さてー!話をガラッとyogaにします!

料理のスキルがゼロの私には yogaのteaching スキルがあります。まだまだ一生勉強中ですが、毎週15〜20本というレッスンを 4年近くこなし続け、月60本×12ヶ月×4年 → 2880本

単純に 3000本、多分 それ以上の回数 仕事として yogaのレッスンを重ねた私には 経験があります。生徒さんに喜んでもらえるレッスンの流れ・メニュー、また 体の硬いかた、柔らかいかたの傾向と、それを改善するための ポーズや その効果、バリエーション。

ありとあらゆる 経験と知識をもとに、その日 スタジオへ行き 参加者の方の顔ぶれ、体格、筋肉などから どういうレッスンにしようか 頭の中で パパッと組み立てます。また 実際 一緒に動きながら 参加者の方の様子をみて、ポーズを足したり、強度を緩めたり 修正を加えます。

これは yogaの仕事を始めて 3年以上経ち、たくさんの方の体を見てきた今だから できる私のスキルだと思います。

よく みなさんに 「yogaって 週に何回受けたら効果ありますか?」って聞かれます。

週に 10本以上は 軽く受ける私にとっては 週に一回では 正直 効果は劇的に現れない と思っていました。

でも!料理の苦手な私が 週に一回の お料理教室で感じたことは、

週に一回のスローペースでも 自分に無理のない範囲で続けることが大事。自分を変えたいなら、最初は 苦手でも がんばって 取り組む時間を作らないと、ほっといて 勝手に上達することなんて ありえなくて、始めないと 料理の腕も 私たちのカラダも 永遠に変わらない。ということです。 心が折れそうになったら 上手になりたぃ、変えたい!って気持ちを もう一度 思い出してみてくださぃ(^ ^)





著者の斉木 美佳さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。