よく晴れた土曜日に少しだけ衝撃が走った話。

今すべきことは、

ホウキをつかんで、

不安という猛獣を追い払うこと。

 

- ゾラ・ニール・ハーストン -

(米国の黒人女性作家 / 1891~1960)






ポカポカ土曜日。


ブーンとわごんあーるちゃんとお出かけお出かけ。


ふぅ。

一通り買い物を済ませ、帰路に着く。



家に到着し、

今日は、少し荷物多いな。
うし、先に鍵出しておこう。


そう思い、ポケットに鍵を入れておこうと、カバンをゴソゴソ探し始めた。




しかし、、、

探せど、探せど鍵が見つからない。



探せど探せど鍵が見つからないのである。



私は、不安になった。

このまま車の中で一夜を過ごすのかと。。


その時、ラジオからMISIAの澄んだ綺麗な声が聴こえてきた。


あぁ、昔MISIA好きだったな。。

あんなに存在感があるのに、おんなじ身長っていうことを知って少し親近感を覚えたっけ。ふふ



私は、先ほどまでの焦りを少し忘れしばしMISIAの声に聴き惚れていた。



・・・・・・・・・・。。








!?!?!?



よし、帰ろう。


私は、MISIAの声を聴きながらそっと自分の気持ちを落ち着かせ、静かに車の鍵穴から、鍵を抜いた。



そして、ジャラジャラとついている鍵の束をポケットに忍ばせ、カツカツとヒールを鳴らしながら、何喰わぬ顔で、玄関へと向かった。



MISIAありがとう。

いや、MISIA様ありがとうございます。


久しぶりにまたMISIAの歌を聴きたい。

そんなふうに思った土曜日なのであった。



皆さん、

素敵なホワイトデーをお過ごしください。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。