お腹の中にいた時の、記憶の話

24歳の頃の私は

枕元にカッターナイフを置いて

「これで、いつでも死ねる」と

自分を安心させなければ、眠りにつくことができなかった。

毎日、どうして自分なんかが生きているのか、わからなかった。

そんな暗闇の中、私はある記憶を思い出した。



あたたかい、黄金の光の中。

母のお腹の中にいた時のキオク。

温もりに包まれている、小さな小さな私が思ったこと。

「お母さんと仲良くなりたい。お母さんを安心させたい。私は元気だから、心配しなくていいよって伝えたい。そしてお母さんはそのままで、ありのままで素敵だよ、産んでくれてありがとうって伝えたい。」

ああ、そうだ。思い出した。
私、そう決意して生まれてきたのに。
このあり様はなんだ。
涙が、溢れた。

母は、私を産む前に一度流産していた。そして、統合失調症だった。

お腹の中にいた私は、母の不安な気持ちを常に察知していた。だからこそ、母を励ましたいと思ったのだった。

しかしながら。

産み落とされた瞬間に、その決意はすっかり忘れてしまった。




著者の野崎 千晶さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。