人生を渡り歩くコツは、劇団四季に合格するまでにやったアルバイトで学んだ

1 / 4 ページ

人生を渡り歩くコツは、劇団四季に合格するまでにやったアルバイトで学んだ


僕は就活完全負け組、社会人生活をフリーターとして迎えた人間だ。


何を思ったか、23才で劇団四季に合格するという夢を持ちそこからクラシックバレエを習い始めた。そして28才手前で劇団四季に合格。35才で劇団四季の主役までのし上がったという変わった経歴を持っている。


好きな言葉は雑草魂(メジャーリーグの上原浩治と同い年の現在39才)。


劇団四季に合格するまでの5年間には夢をあきらめたくなかったので様々なアルバイトをした。


ちなみに「佐藤さんを劇団四季のメンバーとして迎えます」と血が沸騰するような劇団四季から合格の連絡を受けた時は、銀座8丁目の交差点でリアルに客引きをしていた。


土木作業員から人体実験まで本当にいろいろなアルバイトをやった。


そして、そこには様々な人間模様があった。
様々な人間がいた。


大学を卒業してそのまま就職して会社勤めをしていたら決して出会わなかった人と出合う事ができた。


僕はそこにいた様々な人達を「人生のお手本」や「反面教師」にして、人生をうまく渡り歩くコツを掴んできた。


学生時代にやったものも含め、その貴重なアルバイトの体験のありのままをここでシェアしたい。そしてこの記事を読んでくれたあなたの生き方に少しでもプラスになれば、これほどうれしいことはない。


僕が携わった、思い出せる限りのアルバイト
~目次~

※1~7は学生時代。

1・深夜の読売新聞積み下ろし作業員
2・駅のホームにある売店建設員
3・パブレストラン
4・高級カラオケボックス店 
5・浅草すき焼き屋給仕 
6・喫茶店員
7・人材派遣営業

8・テレホンアポインター
9・引っ越し作業員
10・ポスティング
11・フォークリフト誘導
12・土木作業員
13・セメント工
14・チラシ配り
15・モニター各種(アンケート、ウィンカー、髭剃り)
16・車両整備
17・チラシ広告制作
18・人体実験(治験)
19・携帯電話販売員
20・五反田データ入力
21・五反田プログラミングチェック
22・美術モデル
23・バス添乗員
24・ETCチェック係り
25・インターネットルーター営業
26・浅草観光ツアーガイド
27・六本木のクラブ
28・銀座のクラブ

おまけ 劇団四季で主役やった後、食品宅配の飛び込み営業をやることに…



1・深夜の読売新聞積み下ろし作業員

深夜の読売新聞のトラックへの積み下ろしの仕事。

22時30分位に箱根駅伝の復路ゴールである大手町の読売新聞本社へ軍手だけもって行き、ベルトコンベアから流れてくる新聞の重い束をひたすら、トラックに積み込むという単純作業。


大手町が終わったら都内の別の印刷所に移動し、そこが終わったらまた別の印刷所へ移動して、そこから軽トラックで家まで送ってもらい夜中の3時30分位に業務が終了する。


業務終了時は、身体中にインクの臭いがかなり染みついている(笑)。

日当7000円。


この仕事は基本的にドライバーさんと二人組になってトラックに新聞を積み込む業務だ。

一日の合計は10~15台程…

 ドライバーさんにはいろんな人がいた。

・初めから終わりまで一言もアルバイトと口を聞かないおじさん。
・初めから終わりまでずーっと話し続けるおじさん。
・突然キレ始めるおじさん。
・プロレスラーを目指しているお兄さん。


ほとんどのドライバーさんに共通しているのが、昼間に別のお仕事をしていて深夜のこの仕事を掛け持っているということだった。

みんなの読んで良かった!