出雲のDNAに揺り動かされて!

何年前になるでしょうか???

 

『毎日がスペシャル』という曲を聴いたとき、

彼女は神様と繋がっている人だと感じました。

 

そして年月は流れ、今から数年前、『Expressions』という

『竹内まりや30周年記念CD』が発売されました。

 

そのアルバムは、ファン投票をベースに選曲されたもの。

自分の思い入れの強い曲ではなく、

ファンと歩んだこの30年を祝う為。

 

この話は、出張先へと向かう、飛行機の中で聞きましたが、

その中で、彼女はこうも言っていました。

 

「若い頃は洋楽かぶれだったけど、最近は和に戻っている。

 出雲に生まれ育ったからかも」

 

「昔の曲をリメイクすることは考えていません。

 つたなさも含めて、自分の足跡だから」

 

彼女は、出雲大社の向かいにある旅館の娘として育ち、

高校時代にはアメリカへ留学、

大学は私の先輩で、在学中にデビュー。

 

その後、山下達郎氏と結婚&休業、

今尚、主婦業を主体としています。

 

「音楽への情熱が一番大きかったのは休業中、

 子供が小さかった頃、僅かな時間を惜しんで、

 小さな音量で曲を作っていた頃です」

 

「もしも30年ずっと、音楽一筋だったら、

 もう止めてたかも?!」

 

幼少期から神様を感じ、家庭と音楽のバランスを保ち、

地に足をつけ続けている彼女。

そんな彼女を神様が愛さない訳はないと、私は感じたのです。

 

♪でも気づいているの 目覚めた朝 息をしているだけで 幸せなこと

♪でも知っているの 人生とは 心の持ち方で どうにでもなると

♪みんながちょっとずつ 年をとってゆくから

♪何でもない一日が 実はすごく大切さ

♪今日が給料日じゃなくっても 記念日じゃなくっても

♪誕生日じゃなくってもね

♪毎日がスペシャル 毎日がスペシャル

 

だからこそ、こんな詩が書けるのだと深く想うのです。

彼女が受け継いだDNAが、そうさせるのだと。

 

竹内まりやさんにしても、高校時代にはアメリカへと留学し、

一度は洋楽かぶれとなり、その上で、和に戻る必要が。。。

自分の足跡はそのまま残し、出雲のDNAに揺り動かされて!

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。