金髪美女が、僕の部屋に泊まりに来た 3日目

1 / 2 ページ

前話: 金髪美女が僕の部屋に泊まりに来た 第2回 
次話: 金髪美女が、僕の部屋に泊まりに来た! 4日目

 嵐の中で抱きしめて




台風が直撃することはわかっていました。

雨の中を観光するなんて、ばかげていると思いました。


しかしヴァネッサはそんなことにはおかまいなしです。

さっさと準備を済ませて、私を待っています。



確かに、京都を案内する、とは約束したものの、毎日のつもりじゃありませんでした。

しかも、台風直撃の日に・・・


幸いなことに、雨は小康状態。

このすきに一つでも多くの観光地を回ってしまおう。


白川、巽橋、祇園、と回って、建仁寺へ。

台風の影響で人影もまばらで、なかなかしっとりとした風情があります。




(建仁寺)





歩き疲れたので円山公園で少し休憩。

二人でおやつを食べていると、アヒルが寄ってきました。



ここの鳥たちは観光客慣れしているらしく、まったく人間をおそれません。

というより、かなり図々しかったです。






なんとか天気も持ちこたえそうだったので、

知恩院へと向かいました。



ちょうどお坊さんたちが読経をされていたので、

畳の上で休憩(昼寝?)をすることに。



エネルギーを回復した我々は、再び知恩院を散策し始めました。

渡り廊下ではヴァネッサがビデオを録画しています。


何をしているのかと尋ねると、

廊下のきしむ音を録音しているそうです。



昨日、二条城を訪れた時、鴬張りの廊下の事を彼女に説明したのですが、

あいにく二条城の中は撮影禁止でした。



そこで、この知恩院で録音をしているのだとか。

でも、これは鴬張りじゃないような・・・。

確かに似た音はしますが。










知恩院の後は哲学の道、銀閣寺へと行く予定だったのですが、

あいにくと雨が本降りになってきました。



ヴァネッサが叫びます。

「プランB!!!!!」


オーストラリアの女性は、いちいちリアクションが大きいです。



人間の考えることはみな同じようで、台風を避けるために大勢の人が三十三間堂に押し寄せてきました。

こんなに混雑しているのを見るのは初めてです。

雨の降る土曜日に三十三間堂や錦市場に行くのはやめましょう。



三十三間堂の説明パネルの中に、宮本武蔵の逸話があります。

「このサムライはとても有名な人物で、彼は、ここ、三十三間堂で決闘したんだ」

と私が説明すると、ヴァネッサがニヤリと笑います。

彼女は、なにやら良くない事を思いついたようです。



ヴァネッサは、傘を刀に見立てて私に斬りかかってきました。

台風のせいで思う存分観光ができないからストレスが溜まっていたのでしょう。



もしも日本人が同じことをしたら、ただの「痛い人」ですが、

欧米人がこんなアホなことをしても、まあ大目に見てもらえるでしょう。

私は純日本人ですが。



戦いがすんで、勝ち誇るヴァネッサ。

彼女はとても美人なのですが、とりすましたところが無く、

とても好感が持てます。




せっかく三十三間堂に来たんだから、せめて一枚くらいはまともな写真を撮ろうとしたのですが

風が邪魔をします。


それにしても、こんな風の強い日にスカートをはいてくるなんて、

ヴァネッサはいったいどういうつもりなんでしょうか。


強風が吹くたびにワクワク、いやヒヤヒヤします。


著者のMasato Mikiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。