経営者の発言はブランドを意識して!

毎日、移動する先で

私がお会いする多くの人は

「経営者」という立場の人。


企業研修であっても、

私のセミナー受講生であっても、

経営者が多くを占めます。


経営理念の話にもなれば

先日お話した採用についてなど、

沢山の人に会えば会うほど

勉強になるわけです。


それぞれ経営している

会社も違えば

社会のどこに貢献するかといった

目的も違う。


ですが、


目的を果たすために

自分という看板を背負って

自分自身が行動をします。


成功している人たちは

自分のブランドを

しっかり意識しながら

日常を過ごしてます。


それは

発言一つとっても、です。


なにせ、「看板」です。

自分の顔です。


発言一つが自らに

泥を塗ることになったり、

積み上げてきた信頼を

崩すことだってあります。


私が仲良くさせていただいてる

経営者の中にはいませんが、

時折「残念な経営者」をみかけます。


どこで?


というと、

SNS上でよく見かけるんですね。


Facebookをあなたも

利用していると思います。


主に使っている人は

普通の主婦やサラリーマンよりは

やはり個人事業主だったり、

会社経営者が多いです。


壁に耳あり、

障子に目あり・・・


なんてレベルじゃ

ないわけですよ。


全公開、です。

隠しようのない筒抜け状態。


それを分かっていて

残念なことを重ねている人を

みかけます。


「あ、その発言・・・

経営者としてはちょっと。」


「あ、軸がブレちゃってる発言だ。」

================

発言がブランディングをする

================

ということを

うっかり忘れている

自分の看板に

自ら泥を塗る行為ですからね。


私信ではない、

公の発信の場です。


自分にあった言葉を選んで

発言しないともったいない。


これを読んでいる

あなたに限っては

こんなことはないとは思いますが。


自分が向かっていきたい方向と、

発言は一致させていきましょう!


相手からどう見られたいのか?

それをしっかり意識して

発言するだけで

あなたのブランド力は

どんどん強化されていきますよ。

================

★ シェア大歓迎です!!

★ 「売れるプレゼンテーション」を学べる

 三橋泰介公式メールマガジン&90分の動画プレゼントはこちら。

⇒ http://www.bizsp.net/4rc05159

おかげさまで、55000人以上の方がご購読いただいています!

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。