ようやく気が付いたこと

1 / 2 ページ

2013年2月9日、25歳になった。その日は偶然にも本を出版する人の出版記念パーティに呼ばれていて、出版をされた著者の方はもちろん、ベストセラー作家や、様々な仕事をしている人から名刺をもらったりした。
まあそんなことはどうでもいいのだけれど、25歳になってやっと、気がついたことがある。
自分の人生を歩もう
ということ。
ん?と思った人も多いでしょう。そんなの当たり前じゃん。と。
少しわき道にそれるけれど、僕のこれまでの生い立ちの話をしよう。
僕自身は、(一時的には金が全然なかったらしいが)まあまあ裕福な家庭に育った。姉がいて、父母共に健康体。父親は大手メーカーに勤務し、母親は優しい専業主婦。そんな感じの家庭。小学校時代はいくつかの習い事や塾に行ったりして、中学受験をして、私立の中高一貫校に進学。1浪はしたものの、私立大学では最難関と言われる大学に入学した。そして、財閥系の商社の子会社に入社した。
そう、本当にこう見ると恵まれた子で、なんら不自由はないように見える。
んー、いや、不自由はなかったと言っていい。はっきりいって。
ただ逆に、何かに超のめり込んだ経験とか、あまりに衝撃的過ぎて、立ち直れなかった経験とか、自殺を考えたこととかって実はあまりしていなくて、割とスマートにこれまでの人生を生きてきている。
そして、いわゆる常識的な生き方をしてきた。
心では、人と違うことをやって、どうだ!ってしたいみたいなんだけど、それが行動に表れていない。
結局、周りの目を気にしたり、自分にはできないんじゃないかって思ったりすることで、何にもチャレンジしないで生きてきてしまったのだ。
正確に言えば、受験勉強は超頑張ったし
小さいころからやっているサッカーは好きで、今でもボールを蹴ったり、試合を見に行ったりすると、超楽しい。
でも、大学生活は、バイトして、サークルで楽しく思い出作って、みんなと一緒に就活をして、、、いわゆる普通の大学生をしてしまったし、サッカーだって、高校生の時には、部活から逃げた。
そう、だから、行動する力が圧倒的にないのだ。
社会人になって、ようやく気が付いた。
「このままじゃやばい」
本来なら、大学に入るくらいの時にやるべきことを、社会人になってから始めた。
それでも、結局今までは他人の話を聞きに行って、なるほど!そうか!
自己啓発本を読んで、やったるぞ!
ということの繰り返しで、自分は何が出来るようになったの?という問いには答えられるようになっていない。
しかも、超エリート企業!みたいなところに入ったわけでもなければ、就職活動に納得して今の会社に入ったわけじゃないから、本当にこの3年間くらいは、コンプレックスの塊なのである。
昨日、ちょっとしたきっかけで、ジョン・キムさんのお話を聞く機会があったのだけれど

みんなの読んで良かった!