(3話)お水がもつ情報とエネルギー☆ 薬と毒の境界線!

前話: (2話)人体の進化 ~水を飲み始めて変わったこと~ 
次話: (4話)ホスピスから追い出された人 ~あなたのような元気な方には、もはや必要ありません~

「薬も毒になり、毒もまた薬になる」

 

「薬も使い方を誤れば毒になり、

  毒も使い方を変えれば薬にもなる」

 

あるドラマの中で、このように述べられていました。

 

中高時代の友人の職業は、医者が断トツで多いのですが、

彼らから、よく次のように聴かされます。

 

「(通常のケミカル)薬は、副作用を伴う。

 その副作用が強いと、むしろ毒になる」

 

30年を越える、長い付き合いの親友たちなので、

裏話も沢山教えてくれますが、さすがにそれは

文書には出来ないので、単純な例を挙げると、

 

細菌を殺す抗生物質は、ヒトには相対的に害が小さくなる様

作られる為、ヒトには薬ではあっても、細菌には毒となる。

 

薬には、眠気を伴うものが数多くありますが、

時として、眠気は病人には必要な効能となるものの、

仕事や運転をする人には、副作用となる。

 

除菌ハンドソープは、ヒト様の衛生には

寄与してくれますが、それを洗面台から流すと、

自然界で活躍してくれる菌や微生物までもを。。。

 

これ以上、あまり深く入り込むと、

ぶっちゃけセミナーの様な内容になるので、

思いっきり視点を変えると、“薬と毒”は、

西洋医学のケミカル医薬品だけの話に留まりません。

 

身体に必要な栄養素を含む食べ物や、

自然界では一般に毒とされているものにも言えます。

 

高栄養価の食材であっても、摂り過ぎると、

痛風、高血圧、糖尿病になったりしますし、

 

時代劇で毒として良くもられる“ヒ素”は、

中医学では解毒剤、抗炎症剤としても活用され、

西洋医学でも、急性前骨髄球性白血病に使われたりと。

 

いずれにしても、“薬と毒”の境界線は、

季節や体質、その使い方によって大きく異なります。

 

個人的には、遡ると、その根幹は、

生活習慣&心の在り方、地産地消&遺伝情報、

お水&生命誕生&細胞分化へと繋がる気がします。

 

ちなみに、韓方医学の祖、“ホジュン”が編纂した

『東医宝鑑』の湯液篇には、“水”が最初に記され、

しかも、そこでは“水”が33種にも分類されており、

このように綴られているそうです。

 

「人は日常に用いる水を軽視しすぎる。

 人の体を形作るのも水であり、

 寿命の長短もまた水と関係する・・・」

 

★このくだりは、過去のメルマガをご参照ください!

http://ameblo.jp/sakura-ke/entry-11457620061.html

 

ちなみに、冒頭の言葉は、昨日、

最終回である第54話(GW中に完全制覇しました)

を見終えたばかりの『宮廷女官 チャングムの誓い』

からの引用です。

 

「薬も毒になり、毒もまた薬になる」

 

「薬も使い方を誤れば毒になり、

  毒も使い方を変えれば薬にもなる」

 

 

私の体験、検証では、

薬と毒の境界線は、“究極の地産地消”と関連しているようです。

 

~~つづく~~

続きのストーリーはこちら!

(4話)ホスピスから追い出された人 ~あなたのような元気な方には、もはや必要ありません~

著者の佐倉 英行さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。