大事なことはメールよりも・・・

私にあったことがある人は

わかると思いますが、

私、背が高いです。


電車に乗ったり、

街の中を歩いてると

見えるんですよ。


スマホを片手に

やりとりしている

人の波が。


四六時中、

何かメッセージのやり取りを

してる人もいるようで


「ピロリロリン」


とメッセージ着信音が

ひっきりなしになる人も。


これだけラインなどの

ツールも普及してるので

便利といえば便利ですが。


若い世代は

告白までラインでするとは・・・

驚きです(笑)


柔軟な若い人たちの方が

コミュニケーション能力が

高いと思いきや、

逆?なのかな、と。


いわば

対面に弱い。


カップルで

一緒のテーブルに

着席してるにもかかわらず

ラインで会話をしていたり。


嘘みたいですけど、

これ、ホントなんですよ。


うまく伝えられないことは

メッセージで。

ということみたいです。


私の世代なら

大事なことほど

自分の言葉でと思うのですが、

これは古いのかなーーー?なんて。


ですが、

スピーチジャパンで

伝え続けているのは

=================

人生で大切なことは対面で決まる

=================

ということ。


はい。

譲れないポリシーです。


メールは主たり

コミュニケーションツールでは

ないかな、と。


あくまで補助ツールです。


確かに言いにくいことなど

伝えるときには

文章を確認しながら

整理して送ることができる。


けれど、

常に冷静な人って

いませんよね?


感情的に勢い任せで

打ってしまったメールは

時に最悪です。


あれだけ機械的な文字であっても

なぜかしら・・・

感情って乗るんですよね。


ずっと残るだけあって

文字のDVにだってなりかねない。


メールを使う場面は

相手を傷つけたり、

追い込んだりする以外と

決めて使うならいいんです。


当たり障りがない

場面であればいくらでも。


話し言葉のように、

会話に抑揚もなければ

声の温かみもないのがメール。


言った側と

受け止める側で

相当な温度差も生まれます。


結局大きなトラブルに

発展した際は

どのみち会って話し合い。


なら、


最初から言葉で

伝えられる技術を持っている方が

面倒がないかなと。


ビジネスでも恋愛でも

基本は一緒ですよね。


良いものは伝え方で売れる。

価値がこれからという商品は

売り手の人間力で売る。


対面の一発勝負だからこそ、

どれだけ相手に興味を持って

観察をするかが決め手であり、

真剣勝負で口説く。


この生々しいやり取りが

一生懸命さを伝えたり、

心を射ったりするわけです。


と、


頭一つ高いところから

街の中が見えるので

我が身を振り返りつつ・・・


コミュニケーションの極意を

伝え続けていかないとなーと

改めて使命感に駆られてます。

================

★ シェア大歓迎です!!

★ 「売れるプレゼンテーション」を学べる

 三橋泰介公式メールマガジン&90分の動画プレゼントはこちら。

⇒ http://www.bizsp.net/4rc05159

おかげさまで、55000人以上の方がご購読いただいています!

著者の三橋 泰介さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。