(4話)ホスピスから追い出された人 ~あなたのような元気な方には、もはや必要ありません~

前話: (3話)お水がもつ情報とエネルギー☆ 薬と毒の境界線!
次話: (5話)若返りへのヒント☆ 人体の進化への旅!

3月になり、ある方が永眠されました。

ガン患者なのに、とても穏やかな最期だったと、

病院の方々もたいそう驚かれていました。

 

実は、その方、あと数か月との余命宣告を受け、

数年前には、ホスピスへ入所されていました。

 

連れ添いや子供、近しい家族がおられなかったので、

家を売り払い、身辺整理を済ませて。

 

そんな時、親類の方からあることを薦められました。

ですが、初めは受け入れることができず、

結局、折衷案をしぶしぶ認めたそうです。

 

それから程なくして、

この方は感じたそうです。

 

今までよりも身体が楽なことを。

一日、一日と死期が迫っているにも関わらず。

 

それからは、率先して、実行されたそうです。

すると、ホスピスから追い出されてしまったそうです。

 

「あなたのような元気な方には、もはや必要ありません」と。

 

それから一番大変だったことは。。。

 

“また、住む家を見つけること☆”

 

ウソのような本当の話ですが、

結果、その方は、数か月との余命を大幅に超え、

数年を元気にガンと共存し、穏やかな最期を迎えられました。

 

こう書くと、『アンビリーバボー』のような

奇跡が起こったようではありますが、

このようなことは、あちこちで起こっています。

 

ただ一つ添えさせて頂けるならば、

その方の運命が変わったのは、

親戚の薦めを実行されたから“だけ”ではありません。

 

ご自身の心が変わり、病気の根本が癒されたからです。

 

私は長い間、病気は学びの場だから、

救いたいと他人が手出しするのは良くないと思っていました。

 

ですが、近しい身内が病気になり、

考えが一変しました・・・・

 

~~つづく~~

 

続きのストーリーはこちら!

(5話)若返りへのヒント☆ 人体の進化への旅!

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。