金髪美女が、僕の部屋に泊まりに来た! 4日目

1 / 2 ページ

前話: 金髪美女が、僕の部屋に泊まりに来た 3日目
次話: 金髪美女が、僕の部屋に泊まりに来た 4・5日目

 流しそうめん











本来ならヴァネッサは私の家に2泊するだけの予定でした。

しかし、台風のために丸2日間外出することができなかった彼女は、

予定を変更して、さらに数日間私の部屋にとどまることになりました。



やったー!










なんとか雨もあがった今日は、貴船の流しそうめんに行くことに決定。

川が増水している時は中止になると聞いていたので少し心配でしたが、

お店は開いていました。







しかし、台風の影響で、川の流れはかなり激しくなっています。


滝の前にすだれがかかっているのがわかるでしょうか。

これのせいで、せっかくの景色が台無しです。

しかし、もしもこのすだれが無かったら席が水浸しになってしまうのですから仕方ありません。






それでもノリノリなヴァネッサ。

生まれて初めての流しそうめんなのですから、興奮するのも無理はありません。



台風通過直後、という状況だったので、お客さんはほとんどいません。


前回ここに来た時は、待ち時間が1時間ほどもあったのですが、

今回はいきなり座ることができました。




ただ、滝の轟音があまりにもうるさく、

座布団も濡れていたり、と

コンディションはあまりよくありません。



しかも、かなり肌寒いです。

やはりそうめんは暑い時のほうが断然おいしいので残念です。


それでも私は大満足でした。

だってこんな美人と一緒に流しそうめんを堪能できるのですから。

やはり美人と一緒に食べる食事はおいしいです。




前回来た時は、満腹になるくらいたくさんのそうめんを流してくれたのですが、

今日はかなり量が少なかったです。



「え? これだけ?」

あっという間に終わってしまいました。


これで1200円は高い。

今日はお店の人の機嫌が悪かったのでしょうか。





まだまだ食べ足りない我々でしたが、ここ貴船は川床で有名な場所です。


予算に限りがある我々には、こんなところでランチを食べることなんてとても無理。


空腹はがまんするしかなさそうです。







もちろん貴船神社にも寄りました。

いつもならこの場所は人が多くて写真を撮るのにひと苦労なのですが、

さすがに今日は人が少ない。







貴船神社と言えば、「水占い」

しかし、私が水占いのことを説明しても、ヴァネッサは最初はあまり興味がなさそうでした。


でも、あまりにも多くの人が水占いをやっているのを見て気が変わったようです。

「私もやる!」

と言い出しました。





著者のMasato Mikiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。