【動画】英語と日本語のコミュニケーションで最も大事なこと

1 / 2 ページ

英語と日本語、共にコミュニケーションの原則を書きたいと思います。


こんにちは。

株式会社スピーチジャパン

代表取締役 三橋泰介です。


昨日から

マレーシアは

クアラルンプールに

来ております。


宿泊ホテルは

KLセントラル直結の

ル・メリディアンホテル。


ヒルトンと横並びっていう

不思議な作りのホテルで、

かなりオシャレな雰囲気。


このメルマガは

プールサイドで

書いてます。

(こういうの

ちょっと憧れました(笑))


で・・・。


そのプールサイドは

ほとんど人がいないので

思い切って、

YouTube用の動画を

撮影してみました。


「話し方&

 コミュニケーション」における

原理原則的なお話です。

━━━━━━━━━━━━━━

【動画】2分45秒

英語も日本語も

コミュニケーションで大事な

「たった1つのこと」とは?

https://youtu.be/KvNwwkWtNvw

━━━━━━━━━━━━━━


この動画の中でも

語っていますが、


・日本人が英語が苦手な原因は

「声が小さいこと」

~~~~~~~~~~

に尽きます。


つまり

「間違った英語を話すのが恥ずかし」

っていう感覚です。


まあ、かくいう私も

全然英語が

得なわけでは

ありません。


が、


声は大きい(笑)

職業柄ですね。


そして

例えそれが間違った英語文法でも

がっつり大きな声で

話しかける。


大丈夫なんですね。

わかってくれるものです。

外国の方も。


旅行会話だったら

そのぐらいで

全然、問題ないです。


はっきりと

大きな声で話す。


日本における

日本語のプレゼンや

セミナー開催でも同じ事です。


「声が小さい人」は

絶対に信用されません。


そもそも

相手に聞こえない、

届かないっていうのは

論外。


結局、それは

「自分の作った内容に

自信が無い」ことの

あらわれです。


ぜひ大きい声で

プレゼンをしましょう!


しっかりと

自信を持って。


しっかりとした

準備をして。


ただし!!!


大きい声を出すために

ボイストレーニングとか

腹式呼吸とかは

勉強しないでくださいね。


そういう問題じゃないです。


大きい声は

「誰でも」出せます。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。