脱サラをして30歳で製造業からゲーム業界に進んだ話~ターニングポイント・2−1~

先週、先々週とはじまりと、切っ掛けとなった北海道旅行の話をしてきました。

今週も北海道旅行について書いていきたいと思います。


なぜ、コレを書くかといいますとこの旅行の経験が僕の脱サラを決意させるマインドチェンジを起こしてくれたからです。


何が起こったのか続きを御覧ください。

ーーーーーーー

逆境が自分を飛躍させた大きなチャンス


台風の接近につき、仙台の港で降ろされたときは正直どうしようかと思いました。

見知らぬ土地にポイっと投げ出された経験初めてのことです。

次のフェリーが2日後にくるということもあり、一日二日仙台で過ごせば次のフェリーに乗ることがでます。


しかし、僕は待つことはしませんでした。


だって、移動することのできる愛車といっしょだったからです。


仙台から、愛知県までの距離は結構なものがありましたが2日かければいけない距離ではありません。

フェリーを待ったら更に移動に1日以上かかることを考えれば持ち込んでいた食材や路銀も考えると選択肢から外れます。


そこでフェリー乗り場にいって、払い戻しを受け取ると港から高速道路へ向かって走ることにしました。

悩む時間はありません、スタートが遅れるほどゴールも遅れるのはわかりきっていました。


この逆境で即決即断という手段にでれたことは、自分の人生を選択する勇気を得ることにつながりました。


ーーーーーーーーー


バイクで仙台から南下して目指すは関東、宿がどのあたりになるかも決めることなくまずは進めるだけ進もうとこの時は走りつづけていました。


続く・・・・


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。