第29話『彼女からの突然の電話、そして離婚へ』 大手企業で重度のうつ病を発症し、里帰り出産の妻から離婚され、約一年間自殺願望の消えなかった僕に深い愛情で接してくれた両親のおかげで、うつ病克服専門心理カウンセラーという天職に出会えた話

前編: 第28話『49日の辛い法事(腹部のけいれんとの戦い)』 大手企業で重度のうつ病を発症し、里帰り出産の妻から離婚され、約一年間自殺願望の消えなかった僕に深い愛情で接してくれた両親のおかげで、うつ病克服専門心理カウンセラーという天職に出会えた話
後編: 第30話『離婚届と神戸の家へ』 大手企業で重度のうつ病を発症し、里帰り出産の妻から離婚され、約一年間自殺願望の消えなかった僕に深い愛情で接してくれた両親のおかげで、うつ病克服専門心理カウンセラーという天職に出会えた話

 実家に帰って療養していた僕は、ちょこちょこ彼女と連絡を取り合っていた。彼女の実家のこと、子供のこと、家族のこと、彼女自身のことなどを教えてもらった。僕のほうも、自分の体調のこと、家族のこと、将来のことなどを話した。彼女は将来のことが不安で仕方がなく、子供も産まれたばかりで、経済的に不安定になるのは気が気でなかったようだ。それもそのはず、僕はもう一年以上も会社を休職していたのだから。電話での彼女の様子は普通だったが、僕の体調にはホトホト呆れているようだった。「一体いつになったら会社に戻るの?」と毎回聞かれた。そのたびに僕は、「わからない」と返事をするので、心配を通り越して、憤りも感じているようだった。ときには、声を荒げてけんかをすることもあった。僕も僕で、どうにもならない自分の体調にホトホト呆れ果てていて、残念でならなかった。





 そして、そんな日を数日過ごしたある日、僕の実家に電話がかかってきた。母親が取ったその電話は彼女からの電話だった。内容は、「僕とはもう一緒にやっていけない」「この先幸せになれるとは思わない」「僕と離婚して欲しい」とのことだった。母親は突然のことでビックリしたらしく、僕を3Fの部屋から呼び出した。そして、「電話で離婚を告げられたこと」「義理母が怒っていたこと」「義理祖母が怒って僕がどこにいるか聞いてきたこと」などを僕に告げた。母親は、離婚のことは残念に思っており、僕に問題があり、僕のせいだということを僕に言った。





 僕も最初はビックリしたが、以前から離婚だ離婚だと言われていたこともあり、そうなる運命だったということを自覚した。それでも本当に離婚するとは思っていなく、冗談で言っているのだと思っていた。そこまで彼女を追い詰めたのは僕の責任だ。僕に問題がある以上、離婚は避けられない事実となった。





 そして僕は体調を崩し、また寝たきりの生活に戻っていった。この頃になると、母親も呆れかえっており、「早く会社に戻りなさい」「職場復帰をしなさい」と僕に迫ってきた。僕は、「まだ無理」ということを告げ、なさけなく実家に置いてもらうことになった。しかし、僕の両親もそういつまでも優しいわけではなく、僕を叱咤激励するようになっていった。しかし、両親の愛情は感じていて、病院への通院へ着いてきてくれたりした。親とは本当にかけがえのないものだということを改めて実感した。うつ病になって、離婚を告げられた僕にも、温かく接してくれた。僕は本当に自分を呪いたかった。自分でなんとかうつを脱出しなければいけないのに、なかなかそこから抜け出せないことに、本当に辛さを感じていた。このときで、うつ病を発症してから、2年3ヶ月の月日が経っていた。





 そして、母親からのプレッシャーが強くなり、強制的に散歩に行くことや、スポーツジムに行くこと、神戸の自分の家へ戻ることを言われた。優しい親ではあるが、そうそういつまでも僕をかまってはいられない。両親は定年を超えていたが、自営業でまだ働いていたため、僕を実家で面倒を見るのはごめんだと言われた。「自分のことは自分で解決しなさい」というスタンスだった。





 それも母親の言うとおりで、自分のうつ病を治すのは、自分しかいないと思っていた。それで、散歩やジムに行き体を動かしたり、日光浴やストレッチ、ヨガなどの運動を取り入れたりして、なんとかうつ病を改善させるように積極的に動いていった。しかし、うつ病がすぐにはよくならず、気力がなくて、散歩に行けないときや、腹部のけいれんが激しくて動けないとき、気分が落ち込んで固まってしまうときなどがあり、なかなか思うようには、回復していかなかった。





 それでも実家でじっとしていても何も始まらないので、自分のできる範囲で、心理療法や運動療法、快眠療法を試していった。そして、ほどなくして、実家に一通の離婚届が送付されてきた。






続きのストーリーはこちら!

第30話『離婚届と神戸の家へ』 大手企業で重度のうつ病を発症し、里帰り出産の妻から離婚され、約一年間自殺願望の消えなかった僕に深い愛情で接してくれた両親のおかげで、うつ病克服専門心理カウンセラーという天職に出会えた話

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。