父親に認めてもらいたくて1年半で0から月収1200万円を稼ぎ法人化したお話

1 / 6 ページ

僕は父親が苦手だ。


嫌いなんじゃない、むしろ尊敬している。

だけど、父は僕が中学の時から単身赴任で

一緒に暮らしていなかったせいか、

ふたりきりの時に何を話せばいいのかわからなくなる。



父親が一生懸命家族の為に働いてくれたおかげで、

僕は何不自由なく生活し、大学にいき、

大手の会社にも就職することができた。



このまま父のようにサラリーマンとして

結婚して子どもを作り育てていくんだと

23歳の時にふと虚しくなったのを覚えている。



就職して2年、

25歳の時、本当にこのままでいいのか?

毎日考えるようになっていた。



父は本当に凄いと思っている。

家族の為に

【一緒に暮らす】

という大事な時間を捨てて、

僕達の為に頑張ってくれた。



でも、それを見てきたからこそ

そうはなりたくない。

感謝はしているけど、

やっぱり寂しかった。



近くにいて欲しかったし、

成人したらふたりでお酒を飲んだり

気さくに話せる仲でいたかった。



もし自分に子どもが出来て、

会社の都合で転勤があった時に

みんなの読んで良かった!