心配するよりやってみろ、です。

ランカウイでの

貴重な体験もして

いい感じでハイ状態を

キープしています。


日本にいる時と

まるで違う環境、

しかも自然に飛び込むので

スマホを手放すという

些細な行動も

結構勇気が・・・要りました。


いつもとペース違うって

不安も当然、

つきまとうわけです。


「緊急の連絡来たらどうしよう!」

とかね。


でも、


スマホ一台に

拘束されていたことにも

逆に気づくいい機会でした。


ささやかな不安や心配と引き換えに、

最高の時間が

手に入りましたからね。


刺激って、

たまんないですよ。


海外に出たからこそ、

挑戦できたことも

たくさんあります。


普段やらないカヤックも、

日本ではやらないようなパーティーも、

一歩外へ行動したからこそ

出来た経験です。


いやいや、

こんなのしたことないし!


ってことだって

海外だとなんだか

挑戦できちゃうんですよねー。


したことないから

できない・・・


ってのは言い訳にならないなーって

挑戦するたびに思うわけです。


ま、最初の挑戦は

したことないわけですから

どれをとっても

下手からのスタートです。


周りの仲間と

失敗を笑い飛ばしながら

気がつけば


「おおお!できたじゃん!」


とクリアしたことを

称え合ったりしてます。


それと同じなんですが、

セミナーの挑戦も

こんな感覚で

飛び込めるんじゃないかなと。


笑われたらどうしよう・・・

とか

カミカミだったらどうしよう・・・

とか、

行動する前の心配ですよね。


まだ、それ、

起こってないですから。


セミナー講師を

何人も育ててきましたけど、

「笑われてもうイヤです。」

なんて話は聞かないですよ。


何らかの失敗から

改善点を見出して

「もっと良くしたいんで

アドバイスください!」

って相談なら受けますけどね。


したことがないから、

できない


ではなく、


やってみたら

意外とできる。


と気がつけたら

なんだって挑戦すること自体が

面白くなるもの。


セミナーは特に

収益に違いがはっきり出るので

一度やったら

やめられなくなります。


そりゃ最初は思うようには

いかないでしょうし、

時にクレームもでます。


けれど

収益が発生しているからこそ

真摯に受け止めて反省したり、

次こそは!という意欲に

結びつくんですよね。


結局、

起こした行動の先には

いい結果しか待ってないわけです。


心配も不安も

頭の中にある時点で

現実のことじゃないですからね。


そんなことは

飛び込んでから

考えたって

遅くないですよ!

================

★ シェア大歓迎です!!

★ 「売れるプレゼンテーション」を学べる

 三橋泰介公式メールマガジン&90分の動画プレゼントはこちら。

⇒ http://www.bizsp.net/4rc05159

おかげさまで、55000人以上の方がご購読いただいています!

著者の三橋 泰介さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。