限られた時間の中で ~特別なことは何も。。。~

1 / 3 ページ

「特別なことは何も。。。」

 

この言葉を聴くたびに深い想いになる。

 

・よくあるメニューで、特別な食材も使ってないのに、

 食べたことのない美味しい料理を出すお婆さん

 

・紫外線がきつい場所なのに、

 殆ど化粧もせず、ぷりぷり肌のお婆さん

 

他にも沢山いらっしゃるけれど、

大体において、彼女たちの話は、

こう締めくくられる。

 

「心を込めることかしらね。

 昔ながらのやり方で」

 

核家族が進み、また年長者を敬わなくなり、

そして、新しいものを追い続け、

私たちは、受け継げことから目を背けている。

 

みんなの読んで良かった!