発達障害者、アスペルガー、精神障害者、統合失調症そして自殺未遂による足首複雑骨折の私と支える彼氏の話

1 / 4 ページ

私は障害者です。
発達障害者で、アスペルガーと診断されてます。
また、精神障害者でもあります。
統合失調症と診断されてます。

私には20歳年上の彼氏がいます。


10年前インターネットで知り合い
現在も一緒にいます。

私と彼氏の実話です。

私は幼稚園から、いじめにあい、
デブス、死ね

と言われてます。


高校時代にはシカトされ続けました。


現在も2ちゃんねるで、虹色雅は、キチガイ、デブスなどなど書かれてます。


両親や親戚から絶縁状が郵送されてきて、雅子には付き合いきれない。
葬式にも呼ばない。
援助もしない。


と書かれてました。


両親からも親戚からも見放され
彼氏とも喧嘩ばかりで絶望して
さらには2ちゃんねるに悪口が大量に書かれているのを見た私は
マンションの屋上からくびをつりました。
そしたらロープが切れてしまい
屋上から飛び降り自殺未遂になり、
意識を失いました。


気づいたら足首が、グニャグニャになり複雑骨折してました。


身体中が痛くて


死にたいのに死ねませんでした。


救急車で運ばれ
手術を二回しました。


車椅子にすら乗れなくて
ベッドに固定されてました。


入院したのは生まれて初めてです。


足首には金属が入りました。


私は右足首の自由を失いました……。


死にたくてもメンタルヘルスで入院になり死ねませんでした。


今でも死にたいです。


ただ


彼氏が生きてる限りは



私は生きてゆきたいです。



彼氏は毎日お見舞いに来ました。
毎日です!


15時から19時まで毎日お見舞いに来てくれました。


救急センターでは、15時から16時まで毎日毎日お見舞いに来てくれました。


彼氏は伸一と言います。


伸一は毎日毎日お見舞いに来て
励ましたり差し入れしたりして
本や必要な日用品などを買って励ましたり笑わそうとしたりしてくれました。


私には伸一しかいません。


彼氏は51歳
私は31歳です。


私さえいなければ伸一は働けます。


以前は店長、社長、リーダーで働いてました。


家事も、こなします。

料理、洗濯、皿洗い。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。