0歳1.2ヶ月


『脳をたくさん刺激する』それがわたしの任務でした。

生まれた翌日から、わたしはひたすら歌いました。


寝てるだけの新生児、きっと退屈だろうなと思ったので表情もつけて一人二役を演じてみたり、ミュージカルのように歌いました。

退院してからも息子が起きている間は、英語の歌や日本語の歌をメリー・ポピンズのごとくいっぱいいっぱい歌いました。

オムツを替える時もお風呂に入れている時も、とにかくとにかく歌いました。

喉が枯れたらハミングで歌い、何時間でも歌い続けました。


『脳を退屈させない』それを常に意識していました。

プレイジムなどを買いましたが、すぐに飽きてしまうので結局歌っていました。


著者のYamabata Hayukoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。