【第四話】『彼らがくれたもの』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

1 / 12 ページ

前編: 【第三話】『さよなら…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜
後編: 【第五話】『限界を探しに…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

死の選択…


「死にたい…」


立ち上がることも出来ず、一日中横になって、

何をすることも出来ない僕は、そう思った。


現実の世界を生きていくという選択は、

この時の僕には考えられないことだった。


そんな僕に残された選択肢は、


「死」


だった。


僕は、自殺をする方法を探した…。





「死にたい…」


と言う人を多くの人は信じられないと思うだろう。


どうせ構って欲しいだけだ。


甘えているだけだ。


と思うだろう。


しかし、うつ病になり、本気で死にたいと思った人は、

すでに誰かに構ってもらっていることが、

心から申し訳なく思い、

周りの支えなしでは生きていけない自分を恨んでいる。


最終的には自分が楽になるためなのだが、

周りの人をこれ以上巻き込まないために、死を選ぶ人もいる。


決して軽々しく発しているのではなく、

長い時間悩み、苦しみ、考え抜いた末に、絞り出した唯一の答えなのだ。



みんなの読んで良かった!