【第四話】『彼らがくれたもの』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

1 / 4 ページ

前編: 【第三話】『さよなら…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜
後編: 【第五話】『限界を探しに…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

死の選択…


「死にたい…」


立ち上がることも出来ず、一日中横になって、

何をすることも出来ない僕は、そう思った。


現実の世界を生きていくという選択は、

この時の僕には考えられないことだった。


そんな僕に残された選択肢は、


「死」


だった。


僕は、自殺をする方法を探した…。





「死にたい…」


と言う人を多くの人は信じられないと思うだろう。


どうせ構って欲しいだけだ。


甘えているだけだ。


と思うだろう。


しかし、うつ病になり、本気で死にたいと思った人は、

すでに誰かに構ってもらっていることが、

心から申し訳なく思い、

周りの支えなしでは生きていけない自分を恨んでいる。


最終的には自分が楽になるためなのだが、

周りの人をこれ以上巻き込まないために、死を選ぶ人もいる。


決して軽々しく発しているのではなく、

長い時間悩み、苦しみ、考え抜いた末に、絞り出した唯一の答えなのだ。



うつ病とは本当に恐ろしい病気だ。


問題の解決方法が、自らの存在を消滅させることしかないと思わせる。


悪魔に呪いをかけられたようだ。




音楽をやっていた頃の僕は、

歌詞を書くためによく自分の気持ちを書き留めていた。


しばらくの間、全く書いていなかったが、

うつ病になり、色々と考える時間が増え、

僕はまた、自分の気持ちを詩にして書き溜めていた。


唯一の気持ちの吐きどころが詩だった。


その書き溜めた詩を読み返し、

リアルな状況を思い出しながら書いてるのが、このストーリーだ。


この時期に書いた詩にこういうものがある。



うつ病は心の風邪なんかじゃない。


心の癌だ。


苦しんで、苦しんで、


最期は死ぬんだ。



冒頭で不快な思いをさせたしまった方には申し訳ないが、

この時の僕は、何とも恐ろしい精神状態だったということをご理解いただきたい。




「自殺 やり方」


「首吊り 苦しい」


「睡眠薬 致死量」


僕は、ケータイでこんなキーワードを検索した。


やはり、首吊りが一番楽そうだ。

上手くやれば、15秒程で意識が無くなるらしい。


その後の姿は悲惨なようだが…。


少しずつ貯めた睡眠薬を全て飲んでから首を吊れば、

もしもすぐに意識が無くならなくても、抵抗も出来ず楽に死ねるだろう。


しかし、問題点があった。


家の中に紐を掛けられる場所がほとんど無かった。

あっても、全体重をかければ壊れてしまう。

確実に失敗する。

最悪の場合、脳に酸素が送られる時間が長いと、

脳の機能が停止し、一生寝たきりの状態で生き続ける。


今の僕の状況とあまり変わらないが、

自ら命を絶つことも出来ず、

肉体の死が訪れるまでこの状況が

永遠に続くと思うと、

失敗のリスクは実に大きかった。


誰か僕を殺してくれないだろうか…


外を歩く時も、


通り魔が現れないだろうか?


駅のホームにいても、


誰か背中を押してくれないだろうか?


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。