(6話)今、自分に必要なものを見極めるヒント☆ 美味しいものと身体に良いものの共通項!

前編: (5話)若返りへのヒント☆ 人体の進化への旅!
後編: (7話)花や動物とも会話できないのに。。。

『うまいものは・・・・』

 

グルメレポートを務めることが多いタレント

石塚英彦さん、彦摩呂さん、ヨネスケさんらが

“微妙な料理が出てきたときの対処法”について、

ある番組で告白した中で、最も興味深かったのは、

 

阿藤快さんの数々の体験に基づく結論でした☆

 

『うまいものは甘い』

 

これには本当に驚きました。。。

“やっぱり”と思う体験が私にもあったからです!

 

今から10年前、水を飲む量が増えていた頃、

最高1日で7.5まで行ったのですが、

その過程で、甘いと感じる水の銘柄が

徐々に変化していたことがありました♪

 

具体的には、南アルプス天然水、クリスタルガイザー、

そして気付けば、ボルヴィックだったのですが、

一日1.5だった初めの頃の私には、

ボルヴィックは、とても固く感じられました・・・

 

不思議に思い、その後、いろいろと調べたところ、

その時の自分に“合っている”、言い換えると、

“必要なもの”は、甘く感じるとのことでした。

 

<関連情報>

(2話)人体の進化 ~水を飲み始めて変わったこと~ 

http://storys.jp/story/14811

 

そして、それに関連して、

更に驚くことが一つありました♪

 

それは、ある天然素材がベースとなっている

保湿ジェルについて、ある方が言った言葉です。

 

「体調が悪くなると、元気になる様、舐めたのですが、

 その時には甘く感じ、元気なると、

 また苦く感じました☆」

 

そのジェルは、口内炎などの助けにもなるので、

舐められたこと自体には驚きませんでしたが、

自分の体調が悪い、言い換えると、

必要な時には、甘く感じることに、

とても、ともて深い想いになりました!!!

 

そして、それは、上述した水同様、

私たちにとって欠かせないものにも

共通している様なのです・・・

 

~長くなりそうなので、つづくです~

続きのストーリーはこちら!

(7話)花や動物とも会話できないのに。。。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。