ガーデニングを始めた理由。

私がガーデニングを始めたのは、7年ほど前です。

私がガーデニングを始めたのは、7年ほど前です。

「ガーデニング」というと、「園芸」つまり「趣味の園芸」という意味になります。

それ以前に、いわゆる、自然と親しむ、ということは、いろいろな形でありました。

それは、ほんの小さなころ、父や母と一緒に散歩をしながら、野の花を摘んだり、そして種を持ってきて、庭に植えてみた、そんな小さなことも、幼いながらに意識しないままの、ガーデニングであったかもしれないです。

また、おやつにもらった柿の実を食べ終えてから、柿の種(本物ですよ)を庭の隅に植えておいたこともありました。

まさに本当に芽が出てきたときには、驚きでした。


また、小学校に入ってからは、理科の授業で、これはみんながおなじみのことですが、朝顔の種を蒔きました。

二年生では確か、ひまわりの種でしたよね。

このあいだ、ご近所のかたが言っていたのですが、四年生のときには、菊だったそうです。

それも、菊の挿し木をしたはずだ、というのです。

これは覚えていなかったです。


こうして、いろいろな形で、自然とか植物とか、あるいは「種まき」「花育て」は、しているものですよね。


自分として、本気で「ガーデニング」と思って始めたのが、7年ほどまえです。

本当のきっかけは、庭を持ったからです。

ちょっとした小さな土地ということですが、ベランダのプランターや、室内置きの小さな鉢ではできなかったことが、できるようになった、という状況が人生の上に訪れた、ということでしょうか。

それは、かなりのドキドキする体験ではありました。






カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の朝倉 聡子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。