Bride of Japan 2014 準グランプリ 北道綾 文化価値・家族・時の大切さに関しての考え

世界をみると、驚くような文化があったりします。それは、世界から日本をみても同じかもしれません。私が思う日本の文化とは四季と結びついた繊細で美しいもの。それでいて、茶の間のように機能的でもありよく考えられています。そして、相手を思いやり敬うという精神をもっておりそれがおもてなしにつながっているのではないでしょうか。日本女性が控えめ、と表現されるのもそういったイメージからきているのかもしれません。



 日本の家族については、核家族化が進んでおり、且つ両親の共働きなどにより家族で過ごす時間が少なくなっている家庭も多いと思います。その中でも、日本の美しい季節の行事(お花見・紅葉・月見など)を通し家族で過ごす時間を増やしたり、地域でのコミュニケーションをとれる場を増やし家族での触れ合いを多くしていく必要があると思います。また、未婚の男女も多いようなので結婚や家族をもつ良さを広めていくことも必要なのではないでしょうか。




 今回、BOJのスポンサーであるフランクミュラー様より、入賞記念としてレッドワインのバンドの時計を頂きました、ありがとうございます。大切な時間であるからこそ、素敵な時計を身に着けることが出来てとても嬉しく思います。



時とは絶え間なく流れていくものです。時を大きく分けると過去・現在・未来とあります。人はついつい過去にとらわれてしまうところがありますが、現在を悔いのないように思いっきり生きていれば過去を振り返ることもないのではないでしょうか。


それでも、過去を振り返ることってありますよね、でも振り返っても何も変わりません。そこから学んで、プラスに変えられることは変えてそうでないことは忘れて新しい自分で生きていくことが大切だと思います。


(写真: ワールド通商株式会社 河合寿也様より フランクミュラー 時計贈呈)

私達に大切なのは、前向きな未来を描きながら今を一生懸命生きていくことです。何気なく過ごしているこの瞬間も時間は刻々と刻まれていくのですから。



著者のBride of the World Japanさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。