南の島の英語が僕を潰し、僕を活かせた話 -活かせた編-

1 / 3 ページ

この話はある日突然英語が共通語の島で暮らし始めた「僕と英語」との役27年間の葛藤の話です。
今、「英語」に関してなんらかのモヤモヤを持たれている人ならば何がしらヒントになる答えがあるかもしれません。



[振り替える僕と英語 パート①]

● 全く英語ができない僕は8歳のある日、南の島に引っ越します。
● 8歳ながら英語は一生無理だと思いつつ、小中高を南の島で卒業。
● 帰国後大学進学、西洋人に英語の発音も表現も三流だと爆笑される。

大学生で英語を封印。もう二度とあんな恥はかきたく無い。


そんな時にある外国人教授との出会いで大切な事を学ぶ。


言葉は乗り物である。


人の気持ちを伝える為に言葉がある。完璧な発音をする為に言葉があるわけでもなければ、ましてやTOIEC満点をとる為に英語があるわけでもない。


人は分かってもらいたいから話し、分かりたいから耳を開く。

その目的無くしては「言葉」とはただ苦痛の記号でしかないのかもしれない。

だから僕らは言葉という乗り物をつかって伝える。

英語もまたその乗り物でしかない。


ボク
笑われてもいい!もっと英語で話そう!


それからは自分の乗り物(英語)を楽しむようにしました。ダサくても笑われても良い。次第に英語を話す機会が増え、僕の乗り物も磨かれました。何時しか「アメリカのどこから?」なんて言われるほど自然な物になっていきました。


[振り替える僕と英語 パート②]
● 大学卒業、ひょんな事から上海留学
● そのまま就職。社内は様々な国籍の人達がいるグローバル企業
● がしかし、僕の上司は英語がほぼほぼできない東洋人


なのにぃ~、なのにぃ~、なのにぃ~何故?


彼は外国人ビジネスマン達にリスペクトされる。英語ができる僕より、英語ができない上司と話したがる。言葉が通じないのに話したがる。西洋人が英語できない我が上司に頭を下げて挨拶をする。


ボク
なぜだぁ~~~~~!!


そんな僕の心を読み取った上司は僕に大切な事を教えてくれます。


国際ビジネスで言葉は人を惑わせます。


ボク
いや、僕を惑わせているのはあなたなんですけどぉ~!


上司が言いたいことはこういう事でした。


相手がどうして弊社を訪れたのか。
出張報告書の欄を埋めるためなのか。
何か売りたいのか、買いたいのか。
市場調査をしたいのか、情報が欲しいのか。
相手が必要としている事をキャッチできず、ただ英語で話しているだけで仕事はできない。
通訳で十分だ!

という事でした。何も言い返せませんでした。しかし、上司はそんな人でした。英語なんてできなくても相手がどこの国の人だろうと、相手が必要(ニーズ)としている事がわかる。しかし、ビジネスは「言葉」より「数字」が大事な部分も多く上司のいう事は社会人にとって重要な常識でした。

数日後、アメリカ人の社長が業界人が集まるパーティーでプレゼンをします。
僕は英語ができない上司に見せつけたかった。きっと社長はやってくれる!
流暢な英語でかっこよくプレゼンをしてくれる!英語は大切だ!

しかし、社長はたった1枚のプレゼンで簡略にスピーチを纏めました。
何故ならば、「その場」に必要だったのは新商品に対する観客の「好奇心」。
したがって多く語る必要は無かったのだ。

ボク
英語できれば海外で仕事できるっしょ。


若き僕の考えは間違ってはいなかったが・・・・
僕に未来やキャリアなどは想像できなかった。


英語ってなんやねん!


以上前回までの振り返りです。

みんなの読んで良かった!