神が最後まで残してくださる “一番よい仕事” とは?!

1 / 4 ページ



 この世の最上のわざは何?

 楽しい心で年をとり、働きたいけれど休み、

 

 しゃべりたいけれども黙り、失望しそうなときに希望し、

 従順に、平静に、おのれの十字架を担う。

 

 若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見ても、ねたまず、

 人のために働くことよりも、謙虚に人の世諸になり、

 弱って、もはや人のために役だたずとも、親切で柔和であること。

 

 老いの重荷は神様の賜物、古びた心に、これで最後のみがきをかける。

 まことのふるさとへ行くために。

 

 

皆様には、いらっしゃるでしょうか?

“もう一度会ってみたいけれど、二度とは会えない人”

 

冒頭の言葉は、そんな死んでしまった人と、

生きている人を繋ぐ映画「ツナグ」のセリフです。

 

数年前、劇場で鑑賞し、DVDで再び観たところ、

みんなの読んで良かった!