オーストラリア人のテキトーさは高田純次レベル!でもプライベートでは、、

1 / 3 ページ

その国が好きになる理由って自然が素晴らしいとか、食べ物が美味しいいとか色んな理由がありますけど一番大きな理由は国民性というかその国の人柄だと思うんですよ!



今日は僕がオーストラリアを、そしてオーストラリア人を好きになったエピソードを紹介しますね。



オージーって言うのはオーストラリア人のことです。


もしくは「オーストラリアの」とかいう意味もありますね



Assie、Ozzie、OZとか書き方は色々



僕のオージーに対するイメージの一つに



仕事はテキトーだけどプライベートは本気



というのがあります。



こっちの人はほんとに仕事が雑だと感じます。


これはもう国民性なので今は割り切ってるし、僕が日本で育っているからそう感じる部分もあるんでしょうけど、ほんとに笑っちゃうくらいテキトーな人が多いです。



例えば


ゴールドコーストの自宅に宅配を頼んだのに、何がどうなってかシドニーに送られていたり。


全く意味が分かりません。



サーフボードの修理を頼んで一週間後言われた日に取に行ったら、頼みに行った日のままの状態でまだボードが立てかけてあったり。



携帯電話の調子が悪く携帯会社に持って行ったら、平気な顔してここに電話してってカスタマーサービスの番号渡されたり。


その方が時間かかって面倒だからわざわざ来てるのに。笑



みんなの読んで良かった!