TOEIC500点・グローバルに働きたいけれど自信ゼロだった大学生が、既卒留学して変わっていくお話

1 / 3 ページ

これは、グローバルに働きたいけれどTOEICも中途半端で自信のない大学生が、

沢山遠回りをして既卒での留学をきっかけに変わっていくお話です。


・留学したいけどお金も時間もない

・将来グローバルに仕事がしたい(けど何もしてない…)


そう思った事のある人の一歩踏み出す力になれたらと思います。

ついこの前までそうだった私ができたのだから、きっとあなたもできると思います。


留学に行くまで


留学に行くと決めたのは2年前、大学4年生の夏。

当時は周りの友達はほとんど就職先が決まっている中、私は

「グローバルに働きたい…でもその為に今の自分は足りないものが多すぎる」

「留学がしたい…でも、時間もお金もない」

「とにかく就職しようか…でも、やっぱりグローバルに働く事が諦められない」

という終わりの見えない自分会議を繰り返して、素直に面接を受ける事ができなくなっていました。


大学受験に失敗した私は、1年生の頃から漠然とした将来の不安と負けん気の塊で、

進学校だった高校時代の友達よりもずっと努力して、学歴コンプレックスを乗り越えるんだと

大学在学中は挑戦したら力がつきそうな事を端からただひたすらやり続けていました。


でもそれはいつの間にか、小さい頃からずっと行きたかった留学を後回しにして、

不安をかき消すための”挑戦した方がよさそうな事”ばかりに忙しい状況を作っていました。


わたし
これからどうしよう。。。


学生生活の最後の最後で、やっぱり留学が諦めきれずにいた私に届いた、母からメール。



「留学でも旅行でもなんでもいいから、欧州に行って原点回帰してきなさい」



お金とか既卒とか、色々考えすぎていた私の背中を押す母の一言。

この言葉に私は奮起して、「来春絶対留学する。」と覚悟しました。



まず留学エージェントに片っ端から会いました。そして欧州や世界中から人が集まるロンドンで、大学の授業とインターンもできるというInternational Business Programという形を取る事に決めました。

アカデミックな内容を学ぶだけではなく、実際に現地で働く事がグローバルに働くことへの一番の近道だと思ったからです。


この留学を叶える為に越えるべき壁は、

・留学資金作り

・英語の試験(IELTS)で基準値の得点を越える事

みんなの読んで良かった!