虚人戦争

1 / 7 ページ

虚人戦争


学生編。

主人公の希は大学で理工系のゼミに入った。コンピューターの技術を学んで研究してたいと

思っていた。すでに、ハードディスクで幾つか発明や発見をしていたゼミの扉を叩いた。希

の配属を希望した哲教授のゼミでは電池、ハードディスク、メモリ、配線を研究していた。

最初に希に与えらえたテーマは配線材料の担当だった。

後にライバルになる勝はハードディスク担当だった。

ここで、簡単にコンピュータを説明すると、人間の脳の仕組みを真似して作られた電気演算

素子の集まりだ。人間の脳には、短期記憶を司る部分と長期記憶を司る部分がある。それに

はコンピュータは短期メモリとハードディスクと呼ばれる長期記録素子で対応していた。そ

れらを繋ぐ配線には、銅線が使われていた。これは、脳内の シナプスとよばれる神経細胞

が対応していると思われた。当初の希は自分のテーマである配線の重要性に気づいていなか

った。

希は、1年間、配線の微細化を研究をした。配線につかう素材は、めっきを応用していた。少

しずつ銅のめっきが成長していく過程に注目して観察していた。めっき薬品に塩素成分と魚

みんなの読んで良かった!