若かりし頃の詩篇ストーリー

2 / 9 ページ

ゆっくり実現した

明るさと温和さを

取り戻し

彼は今日も生きていた

たまには休んでみると良いもんだ

なんて思っている

眠りへの詩

我ら涙してひざまずき彼の悲劇を嘆きつつ

子守歌を歌った

♪眠れ眠れ

静かな部屋で

白衣の青年は言う

疲れた体と頭を休ませて下さい

ただひたすら休んでください

なにも考えずのんびりするのが

仕事です

不安を抑えましょう

珍しいことではないです

風邪のようなものです

ビジネスマンで薬を飲んでいる人は

実は多いんでよ

♪のんびり

♪のほほん

白衣の青年は言う

一番大切なのは

「生きる」ことだから

100年前のような

悲劇は起こりません

安心して下さい

いろいろ医学も進歩しています

安心して下さい

彼の悲劇を嘆きつつ

ただ待った

彼を信じていた

2006-04-24 21:25:15

敵の詩

あの人は周りに敵がいることを

知らなかった

著者の榊原 さすがさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。