ラブラブDOWNポエム日記

あなたはなにもかなしくないよね

おかしなおとこをうまくかたづけ

新たな恋を!ときめくピアノを!

しなやかな指先でかわいらしい歌声で

大人の恋をしたいって

思った乙女に応えられなかったよ

結局僕が悪いんだ あの腹黒い男は

きっと君のからだを開拓開発するだろう

あなたもそれを望んでいるんだ

女の歓び 知りたい乙女よ

男の劣情に気づかないのは

あなただけだよ

腹黒男は処女の体を求めてる

あなたがピアノに向かうときには

あいつの声が頭に浮かんで

僕の姿は忘れてしまう

ピアノが好きなら

男が好きなら

遊びが好きなら

僕の事など忘れるだろうね

僕がまじめに恋をしすぎた?

僕がだらけて駄目な面を見せすぎた?

やりたいだけの相手にしても

一生よりそう相手にしても

大事に思うなら

ありのままの自分だけではだめみたい

著者の榊原 さすがさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。