頭韻のある陽水気取りポエムストーリー

詩・レッドナイト



一目会ったその夜に

人とは違う予感がした

人知れず渡したハートアドレス

ヒートアップなレッドローズ



月の雫がこぼれそう

付き合ってって魔法の雫

爪の先まで愛しく思えて

冷たい肌が誘うルージュローズ


星の明りが僕らを見てた

欲しがりあった熱い夜

他のだれにも渡したくない

ホテルのバーのワインはルージュ




海の見える丘のカフェバーから

うろ覚えだった二人の記憶

うれしさで舞い上がりそうな甘いキス

嘘じゃないよね?

レッドルージュローズワイン

みんなの読んで良かった!