昔から特にこれだけはズバ抜けてできたよ!!! ということなく普通に生活していた。ある日自分の殻を破り本気で燃える自分を見つけたSTORY。

1 / 5 ページ

名前 輝積ジョンハメス

年齢 20
住み 関西
星座 ふたご座

中学校、高校はアホ学校でごく普通の学生生活を送っていた。


とくに賞とかもらったこともなくて、とくに早く走れることもなく、もちろん勉強もできなかった。


高校では部活も入ったがレギュラーを取れずに引退試合も出れなかった。


とにかくこれだけは特にズバ抜けてできる!っていうことがなく、よく人に「お前なんでも普通やな。」と言われていた。


なかなか辛い言葉で悔しかった。


大学受験に落ちて専門学校に入学。


自分の殻を破り始めるきっかけができた場所だ。


入学し、初めて校舎に入り用事が終わったので帰ろうとエレベーターを待っていた。


その時隣に同じくエレベーターを待つ先生がいた。


その先生が呟いた…



先生「このエレベーター何階に止まるかニャ〜?(≧∇≦)」


え。。。


みんなの読んで良かった!