社会不安障害の引きこもり、自殺未遂の私が大学を卒業し、ブラック企業に就職して営業で仕事していた話。そして精神科治療の問題点について2 高校編①

1 / 7 ページ

前編: 社会不安障害の引きこもり、自殺未遂の私が大学を卒業し、ブラック企業に就職して営業で仕事をしていた話。そして精神科治療の問題点について1 社会不安障害(SAD)の説明及び小学校、中学校編
後編: 社会不安障害の引きこもり、自殺未遂の私が大学を卒業し、ブラック企業に就職して営業で仕事していた話。そして精神科治療の問題点について3 高校編②

社会不安障害(SAD)と闘病中の男です。

病気について、発症、中学時代に関しては、ストーリー1を読んでいただけるとご理解できると思います。

http://storys.jp/story/15553?to=story&referral=profile&context=author_other

■高校デビュー

 

都立高校の入学式になりました。

精神安定剤を飲んで、自宅から自転車で10分の距離の高校だったので、自転車で学校へ向かいました。

入学式の前日は不安でいっぱいでした。また症状が出たらどうしよう、学校になじめるかなどと考え一睡もできませんでした。

それと同時に少しの希望をもっていました。隣接学区枠で入った為、同じ中学校の同級生は、全く話したこともないおとなしそうな女子1名。

1クラス40名の8クラスで同級生は320人。全校生徒約1000人。

私の中学時代を知っている人はいない環境です。

いわゆる高校デビューが出来るのではないかと思っていました。

イメチェンをして、友達を作って、彼女を作って、行事にも参加して楽しい高校生活を送る。そんな淡い期待をもっていました。


入学式は吹奏学部の演奏で迎えられ体育館で行われました。

そして教室へ入り自分の席へ着くと、

担任の教師がやってきて、まずは一人一人全員の前で自己紹介をすることになりました。

クラスメートはみんなそれぞれ個性的な自己紹介をします。

明るいタイプの子は、面白い自己紹介をして笑いをとったり、

自分の趣味や特技、中学時代の部活の話をする子。

おとなしいタイプで無難な自己紹介をする子。

社会不安障害の自分はクラス全員の前で自己紹介をするなんて、緊張でパニックです。

自分の順番が回ってくる前にその場を逃げ出したいと思いました。病気の典型的な症状の回避行動というものです。

それでも順番はまわってきます。

頭が真っ白になりました。

私は、震えた声で自分の名前、出身中学、そして最後によろしくお願いします。

というのが精一杯でした。

なんとか切り抜けたという安堵と疲労で汗をびっしょりとかいていました。

その後は、オリエンテーションで今後の説明などで初日は終わりました。

2日目もオリエンテーションでした。

このストーリーを読んでいる皆さんも高校入学の頃を思い出して欲しいのですが、

友達を作ろうというのが当然の考えですよね。

みんなの読んで良かった!