「あきひめ」「さすが」京都プチプチトリップ

あきひめ、さすがです。


雨の京都プチプチトリップおおきに。




コロッケ買わなかったけど堪忍や。




京都キャバクラ嬢はすっかりご無沙汰だよ。やっぱりZ市キャバクラ嬢が一番だわ。




思い返せば非常勤公務員時代は文句ばっかり言ってたような気がする。


ストレスで女遊びにハマったのもその頃です。




退職が決まって転職活動しながら塾を立ち上げて、ボランティアを形にしてきたのも、いつも応援してくれた。




なんでも良いから働かなきゃっていうアドバイスも一年かけてようやく実行できそうです。




塾講師や家庭教師を勧めながら




さすが教授!


と持ち上げてくれた。




とうとうホントの教授になっちゃったね!と明るく励ましてくれたよね。




塾をやるときも




さすが塾長。


と持ち上げてくれた!




仕事探しも


何でダメなんだろ~と真剣に考えて


履歴書検討会議や


面接対策会議や


マンツーマン愚痴カフェを開いてくれた。




あきひめ自身は仕事は天職だって充実感をアピールして頑張ってたよね。




バイト活動対策協議会も第1から第2、第3と。




仕事が決まりそうになっても


私が世話焼きしてやった感はなくて




早稲田出て普通に仕事決まっただけだよ。と顔を立ててくれる。




京都土産はあじゃり餅、シュークリーム、一番高いのは親友へのさみし見舞いのチーズケーキ。




優しいねぇ。オイラもちゃんと稼ごうって気になるよ。




いつもありがとう。これからもよろしくね。




さすがのダンナ☆

プチ京都トリップ

楽しかった―♪

こちらこそ

極貧の私の食生活をいつも支えてくれてありがと!

なんだか変な京都弁が

今日のツボだよ(笑)

保育園行ってくる―

著者の榊原 さすがさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。