【ファッション雑誌POPEYEが好きすぎて・・・・】

1 / 3 ページ





あれ?!?!

なんで、またPOPEYEかってんだろ?ってなことで、

ファッション雑誌POPEYEをいつも買ってしまう理由を書いてみました。


はじめに考えたのが、

POPEYEは今の時代っぽいなってこと。

【ファッション雑誌POPEYEが好きすぎて・・・・】

ライフスタイルとファッションは同じ流れをたどると思うから、

今っぽいってなんだろ?考えて出た答えは、


大量生産大量消費からの脱却。


クルマとかも、エコカーとか、プリウスとか流行っているよなぁ〜。

スローライフ。

高くてもいいから良いものを買って、大切に長く使う。

みたいな?


でも、

クルマのようにファッションもエコにしよう!って考えから、

服を「大切に長く使う」という概念が頭の中に作られたわけじゃない。


節約のために、

服をボロボロになるまで使うことをしたいわけじゃない。

単純に、大切に長く使うライフスタイルが美しいから。

より自分らしくあるそれが、一番美しいと思うから。

服を大切に長く着たいと思う。


それを認めているのがポパイという雑誌なんじゃないかと思う。


うまくは説明できないけど、たぶん僕は「自然」というものに敏感なんだと思う。

「脱力」「流れ」「徒歩」「そのまま」


日本のファッション業界はたぶん、世界一のカテゴリ数がある。

そのカテゴリの境目を作っているのは、「ファッション誌」。

ポパイも一ファッション誌として、一つの境目を作っていることは間違いなけど、

でも、ポパイはファッション誌っていうよりも、たぶんカルチャー誌っぽいなって思う。

実際、そういう風に売っているのかもしれないけど。


みんなの読んで良かった!