【ファッション雑誌POPEYEが好きすぎて・・・・】





あれ?!?!

なんで、またPOPEYEかってんだろ?ってなことで、

ファッション雑誌POPEYEをいつも買ってしまう理由を書いてみました。


はじめに考えたのが、

POPEYEは今の時代っぽいなってこと。

【ファッション雑誌POPEYEが好きすぎて・・・・】

ライフスタイルとファッションは同じ流れをたどると思うから、

今っぽいってなんだろ?考えて出た答えは、


大量生産大量消費からの脱却。


クルマとかも、エコカーとか、プリウスとか流行っているよなぁ〜。

スローライフ。

高くてもいいから良いものを買って、大切に長く使う。

みたいな?


でも、

クルマのようにファッションもエコにしよう!って考えから、

服を「大切に長く使う」という概念が頭の中に作られたわけじゃない。


節約のために、

服をボロボロになるまで使うことをしたいわけじゃない。

単純に、大切に長く使うライフスタイルが美しいから。

より自分らしくあるそれが、一番美しいと思うから。

服を大切に長く着たいと思う。


それを認めているのがポパイという雑誌なんじゃないかと思う。


うまくは説明できないけど、たぶん僕は「自然」というものに敏感なんだと思う。

「脱力」「流れ」「徒歩」「そのまま」


日本のファッション業界はたぶん、世界一のカテゴリ数がある。

そのカテゴリの境目を作っているのは、「ファッション誌」。

ポパイも一ファッション誌として、一つの境目を作っていることは間違いなけど、

でも、ポパイはファッション誌っていうよりも、たぶんカルチャー誌っぽいなって思う。

実際、そういう風に売っているのかもしれないけど。


きっと、単純なファッション誌だったら、

季節ごとに最新のアイテムと、最新のファッションスタイルを提案して、新しい流行を生むことを目的としているじゃないかって思うんだ。


マーケティング的には流行が生まれれば、雑誌的にもブランド的にも万々歳なわけだけど。。。


でも、ポパイはそうじゃない。


昔からあったけど、みんなが知らなかった優れたアイテムや、

国ごとの歴史や、ストーリーがあるスタンダードな服を紹介している。


だから、

あえて流行を作らないようにしている??


というか、ポパイは、

流行を作ることに興味がない。っていうのかな。

それもあって、ポパイがファッション誌じゃなくて、カルチャー誌っぽいなって思うんだけど。

それ以上にポパイには、なんか「言いたい事」をかんじるからなんだ。


それは勝手な解釈だけど、

「人間のあり方は無限である」

そして、

あなたのあり方を

「カテゴリにあてはまるように、カタチを変える必要はなく」

「そのままでいい。」「自然でいい。」


ポパイは

「それでよくない?」

って、言っている気がする。


その上で、この国のこの人は、こういうファッションをしているよ。

こういう人もいるんだぜ!

こういう楽しみ方もあるんだぜ!

って、ゆるく教えてくれる。

つまり、当たり前の話ですが、


ファッションは「どれが一番いいか」ってことじゃない。





それを思い出させてくれている気がする。

一つの可能性を教えてくれている。


まあ、要するに。。。

あなたは、あなたでいい。

あなたにはあなたの可能性がある。

ってことです。 笑


あなたの「自然」を失う必要なくね?

ってなかんじで、おやすみなさい。

ご機嫌よう

_____________________________________________________________

ファッションが好きすぎて大枚を叩きまくる僕ですが、、、

今では、転職アドバイザーとして活動しています。

20代の転職を超絶サポートします。

夢を夢を追いかけたくて仕方ない人。

毎日がつまらない20代の人生に革命をぶちかましましょう!!!

勝つまでやりましょう。


池谷 駿佑の革命転職ログ


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。