さすが「ソープ」の塾長になる

1 / 2 ページ

石けんとは人間の歴史であり、化学であり、そして生活の一部である。


私がそう思うようになったのは、これまでの様々な経験があっての事でした。

最初に化学と本格的に触れ合うようになったのは、私が18歳で上京した事がきっかけです。

元々興味があった分野であり、私は化学の世界に没頭しました。

そうして24歳で電子材料科学の勉強を終え、大学院を卒業するまでの充実した日々を過ごしました。

卒業後は興味のある分野を中心に電機メーカー、繊維、素材メーカーなどで働くことになります。

色々な職種を経て、30歳で公務員に転職。自動車税関係の担当となりました。

安定した公務員の生活は平和です。

しかし、どこかでそれだけで終わっていいのかという思いを抱えていました。

そしてその思いは年を重ねれば重ねるほど強くなっていったのです。

そんな中で私はOさんと出会います。

Oさんはアロマセラピストであり、癒しのプロカウンセラーでもありました。

香りの世界に興味のあった私はアロマのレッスンを受けようかと彼女に相談したところ、

「それなら石けん作りをやらない?」

と誘われたことが転機でした。

石けんと聞くと女性的なイメージが強くなってしまいますが、実は石けんが固まっていく工程や仕組みは化学そのものです。

みんなの読んで良かった!