自動車登録制度と税金について「さすが」ウロ覚え

1 / 2 ページ

運輸支局、通称陸運局で聞きかじりの法律について

自動車の登録に関わることだけ。


●相続

相続人全員の印鑑証明。まず、奥さん、子供、親、孫、兄弟の順で。戸籍で調べる。これが、結構手間がかかるらしい。誰かひとりの名義にするより、奥さんと子供たちの共同所有なんかにするときもある。

●住民票の除票

転出したことを証明する。現住所と車検証の住所の間に何回も引っ越していたりする人に、必要になるらしい。

●自己取引

会社の社長が会社名義の車を個人名義に書き換えたいとき。商法の定めで禁止されている。それをやるなら、取締役会の議事録がいる。とか、取締役がいなかったりすると、社員総会かな?会社が倒産してると破産精算人の弁護士とか…。これも結構手間がかかる。

●親の同意書

未成年は自動車の所有者になれない。20歳未満でも結婚してれば成年。父母どちらかの印鑑証明がいる。

●所有権のついた車

日本の自動車のおよそ4割は、ディーラーやローン会社の所有権がついている。自分が毎日乗っているから自分の車だと思っていても、所有者でないことがある。ローンを払い終わって使用者(普段乗っている人)が所有者になることを、所有権解除という。譲渡証をもらう。

●16条抹消以外の委任状

16条抹消とは、自動車の一時抹消のこと。自動車リサイクル法が今年1月から始まって、抹消(いわゆる廃車)が大きく変わった。抹消(廃車)の手続きをしにくるのは、たいてい中古車屋さん。所有者じゃない人が車を抹消するときには、委任状がいる。そのとき、ディーラーが「一時抹消をしないように」という但し書きを書くようになった。このせいで、いったん中古車屋さんに名義を換えてから廃車という手続きが必要になった。

みんなの読んで良かった!