鈴木さんちの出来事(1)

次話: 鈴木さんちの出来後(2)

1964年(昭和39年)3月、父・義明、母・和子の第一子としてぼくは生まれました。義明は、祖父・松太郎、祖母・さかゑの「あととり」として、家業の日本そば店を営んでいました。カギ括弧つきであることは、追々話すことがあろうかと思います。


母・和子は愛知の出身で、集団就職?で東京の親戚を頼りに上京。そこがそば屋だったという縁で二人は結ばれたと聞いております。二人の間には、ぼくを筆頭に四子がもうけられました。

・長男(ぼく) 1964年生

・次男 1965年生

・長女 1967年生

・三男 1969年生

この「STORY」では、主としてぼくが大学を卒業する1987年頃からの鈴木家の小史を綴っていこうと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。


続きのストーリーはこちら!

鈴木さんちの出来後(2)

著者の鈴木 松司さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。