改めて僧侶がいのちについて考えた

いのちをいただき我々は生きている

死を考えることで今を大切に、そのいのちを大切にしていこうと考える

当たり前に存在しているいのち
仏教では「定命」という言葉がある
人は生まれてから
すでにいつこのいのちが絶えるのが定まっている

当たり前に思っていることが
実は当たり前ではない
あたかも当たり前のように
存在していること、ものがいかに大切なのか
それに気づく

だからこそ
年齢に関係なく
死について考える時間
この時間が大切なんだと思う

私は多くの人に
考えてほしい
そういう時間をもってほしいと願う

合掌

著者の鈴木 秀彰さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。